FC2ブログ

今日も熱中症は危険領域!



今日これからお盆には早めですが、墓参バスが密になるので墓掃除に出かけます。
熱中症については、「危険」区域に入っているようです。
長い梅雨で身体が暑さに慣れてない事、特に私は入院生活で体力が落ちてる事を実感しているので注意が必要です。おまけにマスクも追い打ちになります。
KIMG0537.jpg 

②③④はやっているつもりですが、今週の老人会の野菜クラブの作業は7時出発で早い時間に撤退しよう!

KIMG0539.jpg

「三密」を避けて自粛生活が長引くと、副作用として様々な不具合も心身共に現れます。
それを防ぐために「三多」を推奨する人もあります。
「三多」とは「多動」「多休」「多接」だそうです!
「多動」とは、身体を活発に動かす。
「多休」とは、休息を多くとりうこと。十分な睡眠
「多接」とは、多くの繋がりをもつこと。人・物・事に興味を持って接し、日々の生活を楽しむこと
何でもやってみよう!!!

予定通り早めの墓参りをして、画像を息子たちの家族へ送りました。
 KIMG0545.jpg
コロナの関係で帰省をしないので、リモートで墓参りをしてもらいます。
スマホは便利で、リアルタイムで行えます。
家内の方は後継ぎがないので、そろそろ永代供養を考えているようです。
土居の方は先のことになりますが、今回のような事故があると明日は何が起こるか判らないので、息子たちと話し合っておく必要はあります。
夫々名古屋と東京に居を持っているので、この墓地で永代供養をするつもりに、私はなっています。
それにしても故郷の墓所を、思い切ってこちらへ移して置いたので、今度は簡単に次に移行できます。
昔の田舎は土葬で、一人一墓石なので数が多く、かなりの工事量でした。戒名が彫ってある部分は専用の処分場へ運んで供養して処分、土台の部分は解体して墓地の一角に積み上げました。しかし山の中腹の墓所は墓石の運びだしが出来なかったので、「無縁塚」の石碑を中央に建てて、そのままです。
宗旨は仏教、神道、キリスト教と変遷していましたが、墓仕舞いの儀式は最も永く続いた仏式で行いました。
土居の本家の墓所(津山瓦版より)
我が家は分家なので、これより質素でしたが、石塔の数は多かったです。
土居墓所 

土居墓所2

スポンサーサイト



リハビリ用重しゴム

リハビリ
膝のリハビリの大事なアイテムに「大腿四頭筋トレーニング②膝伸ばし運動」(一番上の写真)があります!
「腰かけた姿勢で、ゆっくり膝を伸ばす」運動を10回、2~3セット/日にやります。
最初は痛くて、きつかったですが、10日位で上がるようになりました。
次は足首に荷重をかけて、筋肉を増強することによって膝で体重を支える力を増やします。
足首に巻く重しは、これ☞ゴム重し 6000円位します。
リハビリの進行に従って、500g~1kg~1.5kgと複数要りますので、家庭用に揃えると結構高いものにつきます(>_<)
ずっと使い続けるものではないので、代用品を工夫しました。
スーパーの入り口にある傘の収納袋を貰ってきて、砂を詰めます!
詰める砂の量によって、500g~1kg~2kgと多段階に作れます。
何しろ只の材料ですから(笑)
KIMG0506.jpg 
タオルで足に縛りつければ、完成!
膝に着けているのは「膝伸展・屈曲補助装置=膝サポーター(支柱付き)です。
2万3千円しますが、健康保健適用なので申請すれば9割(後期高齢者保健)戻ってきます🙌
KIMG0513.jpg 
次回のリハビリの時、理学療法士さんに見せよう~と\(^o^)/

明日は熱中症にご注意を!



やっと今週末には梅雨明けしそうですが、明日は熱中症が危険レベルかも?
神戸市北区の住宅地の熱中症指数は、厳重警戒レベルを超えて危険レベルになる予測(気温も31℃)です。
時間帯は、午後3時を中心に0時から4時ですかね。
梅雨どきは未だ身体が暑さに慣れてないので、特に注意が必要ですね(@_@)
私は先週まで入院していたので、余計に堪えそうです(>_<)

新型コロナ向け薬の臨床試験について



20200329221410e84_20200715204344bf5.jpg 
東京をはじめ全国的に新型コロナウイルス感染の再拡大の危険が迫っています。
対応策について、国と自治体の方針が必ずしも一致していないことが一層心配です。
感染症に対する治療薬やワクチンの探索・開発も盛んに行われていますが、決定打には至っていないようです。
そんな中、素人の自分が注目している薬が小野薬品の「フオイパン錠」です‼
小野薬品の6月5日付の広報内容をあらためて掲載しましす。

蛋白分解酵素阻害剤「フオイパン錠」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する臨床試験開始

①6月5日小野薬品は「フオイパン錠」(一般名:カモスタットメシル酸塩)を用いた臨床試験を開始しました。

②本剤は、経口蛋白分解酵素阻害剤として、1985年「慢性膵炎における急性症状の緩解」の効果で承認を取得し、1994年「術後逆流性食道炎」でも承認を得てるものです。

③(なぜ新型コロナに効くかの仕組み)新型コロナウイルス感染症の原因ウイルスSARS-CoV-2は、人の気道などの細胞にあるACE2受容体に結合した後、ウイルス膜と細胞膜を融合させて侵入、感染します。膜融合を起こすには、細胞膜側の蛋白分解酵素TMPRSS2にウイルス表面のスパイク蛋白質(表面の突起)を切断させる必要があり、フォイパン錠はこの酵素(TMPRSS2)の働きを抑えるメカニズムを有します。
以上の特性から新型コロナウイルスに対しても効果が期待されます。

④今回の臨床試験に当たっては、より高い有効性を得るために、承認量を超えた容量の製剤を供給し、健康成人における安全性を確認し、感染患者を対象とした臨床試験を開始しました。

以上がメーカーの見解ですが、本剤のメリットは
①40数年に亘って使われてきたので、副作用がほとんど無いこと
②経口錠剤であるので投与しやすいこと
③薬価は21円50銭と安い。しかも製造特許は1996年に満了し、多くのジェネリック薬品が販売されている。

臨床試験で、今後詰めることは
①重症患者の治療薬ではないので、どのタイミング(予防的投与や感染初期の投与のタイミング)で投与するのが最適か?を検証する。
②投与する容量と回数も確認をする。
などであろうと思います。

その結果で、投与と軽症者の治療システムが確立されればPCR検査を積極的に行い、医療体制の負荷を抑えつつ全体を終息に持って行けるのではないかと推察されますが、如何でしょうか?

臨床対象の患者が増えて、データが豊富に手に入るこの時期に治験を迅速に、かつ強力に推進すべきではないでしょうか?
官邸と厚労省の奮起を促します!!!










リハビリ計画書



IMG_20200714_0003.jpg 
今日は退院後2回目のリハビリでした!
膝の後十字靱帯損傷を保存療法で治療中ですが、かなり軽快してきました。
理学療法士さんがリハビリ開始からの進捗状況と今後の計画を示してくれました。
お陰様であと一歩で平常生活に戻れますが、最後のハードルはしゃがんでの農作業です!!!
ボチボチ頑張りま~す🙌

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴12年目、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や”漬物作り”も少しづつ出来るようになりました。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク