生!干し柿

6日前に干した渋柿ですが、農園でもらったので追加しようと干し竿を見たら何やらもう甘さそうな気配です。
DSCN7898.jpg 
イラチの私は早速カット~もう熟柿になっていて、美味いです😋
子供の頃は、出来上がるまで盗み食いはご法度だったし、それほど食べものに関心が無かったので気が付かなかったです。このタイミングでの食べ方も有りかなと・・・。
但し、表皮に渋さが残っている部分もあるので、もう少し置く方がよいかな?

DSCN7902.jpg


本日もう一連追加できました🙌

DSCN7884.jpg

今回は腐敗防止に焼酎の吹付でなく、熱湯にくぐらせました。
焼酎が切れていたのを忘れていた((+_+))
DSCN7886.jpg

DSCN7891.jpg

ただ今32個、柿をどこからか調達して50個にするぞ~

スポンサーサイト

紫トウガラシの自家採種



今年も自家採種しますので、5年目になります。

紫トウガラシは、奈良県の大和地方で古くから栽培されている伝統野菜です。

見た目が濃い紫色でとっつき難いので市場に出回っていませんが、シシトウや万願寺トウガラシなどの甘トウガラシの中では一番気に入っています。柔らかくて、甘く、上品な味です!

熱を加えると紫色から緑色に変わるのも面白いです。

詳しくはこちらを☞「紫トウガラシ

熟し過ぎていますが、食べられるのをサラダにしました。



続きを読む

木枯らし一号?



台風が去った今日午前7時の予報では、近畿地方も「木枯らし1号」が吹く可能性があり!

マンションの敷地の木々も早くも紅葉が始まっています(@_@)

DSCN7840.jpg

”階前の梧葉すでに秋声~”

☞「偶成」



だんだん甘くなるサツマイモ!

DSCN7816.jpg

サツマイモは収穫後一カ月以上置くと甘さが増すと言われます。

今日で37日目です。

紅はるかについて、収穫直後と21日目と今回37日目を比べてみました。

<収穫直後>
DSCN6886_20171029224030153.jpg
電子レンジでチンしましたが、甘さも食感もイマイチでした。

<21日目>
DSCN7369_20171029212707e08.jpg
土鍋で焼きましたが、初回より甘さが増していました。
食感はモチモチ感あり!

<今回37日目>
DSCN7821.jpg
甘みは安納芋より少いないですが、鳴門金時より上です。

食感は、鳴門金時はホッコリ、安納芋はネットリ、紅はるかはモチモチでした。




農園の収穫祭



秋も本番!
今年も農園では、恒例の収穫祭が開かれます。
今年の収穫祭の目玉は、西村いつきさんの講演!
「コウノトリが教えてくれたもの」
国の特別記念物コウノトリを復活させる「コウノトリ育む農法」を兵庫県丹後地方で実践指導され、県下の環境創造型農業の推進に尽力されています。コウノトリが野生復帰するまでの苦労話や、有機農業の必要性など有意義な話が聞けそうです。

兵庫県立コウノトリの郷公園のHPはこちら☞「公園HP

西村さんの公開講座のポスター(於て豊岡市)
c814d515_2017102811301492c.jpg




菊花展



岡場のイオンのイベントエリアで、菊花展をやっています。

最近の流行なのか、盆栽とのコラボ風が見事です。

続きを読む

混ざりもののないキャンディー



奥方が三宮センター街で、正月に帰省する孫のために、イタリア産のキャンディーを買ってきました。

なんの変哲もないキャンディーですが、はるばるヨーロッパから輸入してペイするのかな?

因みに、一袋100円也!

なんとも懐かしい素朴な味に、郷愁すら覚えます。

袋の裏を見ると、シンプルな成分構成ですが、これだけで良い味出してます。
DSCN7794_20171026185454fc5.jpg

それに比べて、日本のキャンディーは色々入れ過ぎ
DSCN7790.jpg

結局複雑な味を歓迎する日本の消費者が自分自身の舌をおかしくしているのでは(# ゚Д゚)



干し柿を作る



老人会の方から渋柿を貰ったので、干し柿にしました。
干し柿は渋柿でなくてはならず、富有柿などの甘柿は適しません。
実は、甘柿より渋柿の方が糖度が高いのです。
渋柿は他に”合わせ柿”(?)と言って、湯煎や焼酎浴で渋を抜く方法もありますが、子供頃の記憶なので定かではありません( ^^) _旦~~

今回は無難に皮を剥いて、吊るします!

DSCN7745.jpg

殺菌のために、焼酎を吹きかけて置きました。
DSCN7775.jpg

正月に帰省する孫たちに間に合うかな?





枝豆を蒸す!



枝豆は前回よりも硬くなってきたので、”茹でる”よりも”蒸す”方が良いかなと思い、フライパンでやって見ました。

豆を鞘ごと塩もみして、フライパンに水を少量(100ml位)加えて、蓋をして、5分蒸しました。

未だ硬いので、さらに3分延長しました。

ザルに挙げて、風を送って冷やします。

DSCN7740.jpg

さて、お味のほどは?

DSCN7743.jpg

モチモチ感が出ました!

甘みも強くなりました!

硬くなり始めた枝豆は、”蒸す”がお薦めヽ(^。^)ノ




神風は吹かなかった?



超大型の台風21号の来襲のニュースを見た後、偶然BSーTBSのボタンを押すと面白い番組に出くわしました。

「所説あり!」日本の歴史の通説とは異なった説を紹介する番組らしいです。

中学の教科書で、「元軍は、のちに”神風”とよばれた暴風雨にもおそわれて敗退した」と頭に
刷り込まれています。
DSCN7688.jpg

最近複数の歴史学者によって、「日本の勝利は神風ではなく、モンゴル軍の自滅だった」「神風伝説は後世に作られた」との説が唱えられています。



続きを読む

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる