FC2ブログ

エンドウをペットボトル方式で!

エンドウの花エンドウの花
エンドウは冬を越すことによって丈夫に育ち、春から旺盛な勢いで育ちますが、寒さ対策に気を使います。
寒さに当てる必要があるものの枯れてしまうこともあります。
笹を立てて防寒したこともありますが、結構効果はありました。
エンドウ1笹で風除け 

今年はポットでの育苗からの移植をやめて、”じかまき”で行きます。
発芽の適温(20℃前後)確保と幼苗の時の防寒、風対策の為にペットボトルを被せます。
DSCN5748.jpg

適当な大きさに育ったら、取り除いて笹か稲わらで防寒する予定です。





スポンサーサイト



秋は日の出?

DSCN5728_20191031071118b94.jpg 

枕草子には、
「春はあけぼの。ようよう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて~
秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに~」とありますが、
今朝は、「秋は日の出。玲瓏たるすじ雲を照らして~」とは如何でしょうか?
DSCN5718_2019103107091353d.jpg 
DSCN5669_20191031070911146.jpg
今日はエンドウの種蒔きの準備に始発のバスで農園に行こう


揚げずにほっくり「かんたん大学芋」

 今日は老人会の畑で、くん炭を野焼きしながら焼き芋をする予定でしたが、あいにくの雨で中止(>_<)
無性にサツマイモが食べたくなったのでネットを探しら、ヘルシーそうな大学芋の作り方が見つかりました(@_@)
水飴でなく”はちみつ”を使うので甘ったらしくなく、イモ本来の甘味がよく引き出されていて、意外な美味しさでした😋😋😋😋血糖値の高い奥方にも好評でした\(^o^)/

材料
・サツマイモ  250g
・はちみつ   大さじ2
・しょうゆ   小さじ1/2
・黒いりごま  小さじ1
・サラダ油   大さじ2

作り方
①サツマイモは乱切りにする。
DSCN5646.jpg 

②10分ほど水にさらしてアクを抜く。
DSCN5648.jpg
③サツマイモの水分をキッチンペーパーでしっかり拭き取り、フライパンに入れ、サラダ油を入れる。
蓋をして蒸し焼きにするので、厚くて蓋のできるフライパンを選びました。
DSCN5657.jpg

④中火で熱し、サラダ油が泡立ってきたら弱火にする。蓋をして7~10分間蒸し焼きにする。
低温でゆっくり火を通すことによって、より甘く仕上がる。
DSCN5649_20191029210452ff7.jpg 

⑤サツマイモに竹串がスッと通ったらOK。余分な油をキッチンペーパーでふき取る。
中火にして、はちみつとしょうゆを加えて、よく絡める。
黒いりごま(今回は在庫の金ごま)を加えて、ザっと混ぜたら出来上がり!
DSCN5651_20191029210455ad5.jpg

DSCN5652.jpg


使用!or 不使用! の比較


張りを良くして、育苗促進効果があるとされる微生物製剤「キャンディダパラプシローシス」を使った場合と不使用の場合の比較をするのに適するものが見つかりました🙌
ゴボウの袋栽培です。
袋に入れているので独立しているので他の要因の影響を受けにくいです。
本葉が出始めたタイミングを見て、一株当たり小さじ一杯(0.5g)を施し、水をしっかりかけました。
袋の外に流れないです。
DSCN5638.jpg

こちらの袋には未使用です。
DSCN5640.jpg

楽しみです🙌🙌🙌


中山神社

IMG_20191027_0001_20191027162328a4f.jpg

北区老人クラブ連合会の新春初参りのイベント(三社参り)に選ばれた「中山神社」に頼んだパンフレットが届きました。
津山市に合併される前の一宮村に在りまして、村の鎮守の杜(やしろ)でしたので、春夏秋冬の祭礼や初詣には深い思い出が詰まっています。
中学の同級生の数人が神社の役員をしているようなので、団体行動で短い時間ですが、会って来ようと思っています。
中山神社の沿革❣
約1300年の歴史があり、「今昔物語集」にも登場します。
「今昔物語集・26巻・猿神のくだり」
中山5


アクセスと祭礼日
IMG_20191027_0002.jpg


高級和菓子「栗きんとん」を家で!


津山の友人から貰った栗を茹でたのが残っていたので、「栗きんとん」に挑戦!
クックパッドに簡単な作り方が載っていました🙌

<栗きんとん>

材料
★栗(大):10個(正味200g・今回150g)★Aきび砂糖(白砂糖でも):40g(今回30g)★A塩:ひとつかみ)★A:生クリーム(牛乳でも可):30ml(今回牛乳23ml)
作り方
①栗は半日程度水に浸けて、たっぷりの水と中火にかけて、沸騰したら弱火に落として30~40分茹で、ザルに上げる。(今回は既に茹でたものを冷蔵庫に保管してあった)
②栗が冷めたら、半分に切って中身をスプーンで取り出し耐熱容器に入れる。
DSCN5597.jpg

DSCN5598.jpg

③②に★Aを加えてマッシャーで潰しながら混ぜる。
DSCN5599_201910261241185c8.jpg
④③にラップを掛け、電子レンジで2分加熱し、取り出して更にマッシャーで潰しながらよく混ぜる。
DSCN5603.jpg

⑤ラップに載せて包み、茶巾絞りにして、ラップを外す。
DSCN5606.jpg

DSCN5609.jpg

奥方のお手前で、一服(-。-)y-゜゜゜
DSCN5630.jpg




イギリスのホテル


イギリスには出張で一度だけ行って3泊したことがあります。
シェイクスピアホテル!
イギリスを代表する劇作家・詩人シェイクスピアの生誕の街:ストラトフォード=アポン=エイボンにあります。
各部屋にはシェイクスピアの作品の名前が付けられていました。
「ハムレット」「オセロ」「マクベス」「リア王」「ロミオとジュリエット」「テンペスト」etc

エイボン川の河畔
シェイクス1

メインストリート
s2_2019102513220404a.jpg

シェイクスピアの生家
ss

国立シェイクスピアシアター
劇場2

劇場1

質素で重厚なホテル内
シェイクス10

シェイクス8

シェイク12

酒場

ロンドンからは電車でもバスでも2時間半くらいです。
私はバーミンガムでのプラスチックの国際見本市への日本のお客さんの案内役でしたので、バーミンガムまでバスで通いました。
夕闇せまる帰路にバスの車窓に突然現れる廃墟の城🏰は「マクベス」に登場する舞台を連想して、背筋がゾクゾクしたのを思い出します。
廃墟3

※全てネットからの拾い画像です<(_ _)>

蛇足
今年はドイツ・デュッセルドルフでK2019(プラスチック国際見本市)が3年ぶりに開催されました。
☞「k2019」







シングル★キッチン

ダブルキッチン2拾い画像

今日は奥方が終日外出なので、ダブル★キッチンならぬシングル★キッチン!
カレーうどんは苦手な奥方の隙を突いて、昨日の残りのカレーで自作🙌
カレーうどんと言えば、名古屋の「若鯱屋」(わかしゃちや)が日本一😋😋😋😋
中部三県を始め関東にも店舗を展開していますが、関西には未だ無いようです。
カレーうどん1拾い画像 

カレーうどん2拾い画像 

カレーうどん4拾い画像 

名古屋時代の味を懐かしんで、
<麺つゆと残ったカレーでカレーうどん(一人分)>by クックパッド

材料
★めんつゆ(2倍濃縮):50ml ★水:100ml ★カレーの残り:お玉2杯~ ★あげ:1/2枚 ★ネギ:好きなだけ ★片栗粉:大さじ1 ★水(片栗粉用):大さじ2 ★うどん:1玉

作り方

①あげは四分割に、ネギは小口切りにする。

②鍋にめんつゆと水、カレー、あげを入れて加熱する。

③ふつふつしたら、水で溶いた片栗粉を回し入れ、加熱する。

④うどんを入れ、少しに煮たたさて、ネギをのせる。

片栗粉がとろみを出して、若鯱屋には及びませんが、満足な一品が出来上がりました🙌
DSCN5586_201910241747247d1.jpg

名古屋めしでもう一つ有名なのが「天むす」です!
天むす 拾い画像
エビの天ぷらが具になってる”おむすび”
実は発祥は三重県津市の天ぷら屋「千寿」の賄い料理だったそうです。
小ぶりの🍙にエビの天ぷらがマッチングして、名古屋の歌舞伎などの総合劇場「御園座」の楽屋への差し入れとしても人気です。俳優さんの幕間の腹ごしらえに重宝されてるのだそうです。
御園座6 拾い画像

御園座1 拾い画像

農園の収穫祭の案内

収穫祭
農園恒例の”収穫祭”の内容が決まり、昨晩農園ニュースが送信されて来ました!
今年は有機で米作りに取り組んでいるNPO法人「命根(いね)の稲」との共同開催になります。
講演会は、三田市横山の洋菓子店”サント・アン”のオーナー塚日肇、裕子夫妻による「世界を旅して思う食の大切さ」です。
食事は、有機栽培のお米の試食と石窯焼きのピザ😋😋😋
品評会も例年通り行われますので、奮って出品をお願いしま~す
<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
令和初の収穫祭!!!晴天を祈ってま~す


ゴボウの袋栽培、その後

 袋栽培のスタートは今月7日
ゴボウ袋

なかなか芽が出なくてヤキモキしましたが、16日目にして双葉が開きました(@_@)
DSCN5580_201910231902167c2.jpg

例の生菌製剤(キャンディダパラプシローシス)を今日施肥しようとしたのですが、本葉が出た時とあるのでそれまで待つことにしました。
生菌製剤






プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴12年目、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や”漬物作り”も少しづつ出来るようになりました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク