FC2ブログ

ベーカリーBENCHi



べんち13 拾い画像
内科の診察の帰りに、以前車の時は通らなかった本通りの一本奥のベーカリーの前を自転車で通ったので、寄り道しました。
神戸電鉄の線路脇の岡場駅と田尾寺駅の中間辺りです。
ベンチ5 拾い画像
ベンチ10拾い画像

べんち6拾い画像
べんち8 拾い画像
ベンチ7 拾い画像
買ったパン
一押しは手前の明太子フランスパン:しっかりした生地と新鮮な明太子
奥方の一押しは奥く左のクリームパン
料理パンはボリューム満点!惣菜の量も多く味も濃いので、昼食なら一個でも腹八分目😋😋😋
人気の由縁かも?

DSCN5544.jpg  





スポンサーサイト



とり野菜みその〆は?

 昨晩の”とり野菜みそ”の〆は”中華そば”の予定でしたが、4人前を二人で食べてしまったので満腹
今日に持ち越して、実行”!
中華そば

残り汁と具が少なくなっていたので、去年農園で作り置いた味噌と野菜を水を加えて調整
中華そばを投入して、とり野菜味噌の中華そばの完成
DSCN5536.jpg1 

素朴なとり野菜味噌と中華蕎麦は絶妙なコンビ😋😋😋
次回はとり野菜みそ「ぴり辛」を選ぼう🙌
ピリ辛



北前船残照!”とり野菜味噌”

江戸時代北海道~北陸~瀬戸内~大阪の海の大動脈を担った北前船!
北前船3
北前船8

その過酷な航海のスタミナ源として考案された「とり野菜味噌」
”とり”は鶏肉ではなく”栄養を摂る”の”とり”とされています。

味噌
 
数年前にテレビで取り上げられてから全国的に人気になりました。

「とり野菜味噌のレシピ」

寒くなってきたので、一年ぶりにやってみました😋
DSCN5527.jpg

DSCN5530.jpg
熱燗を傾けながら荒れる日本海の航海に思いを馳せました\(^o^)/
徳利1

ポイントはいろいろな旨みのエキスを加えた味噌です。
肉は豚肉が合うように思いますが、手羽先を加えてももよいかも?
魚介類は船上料理ですから、何でも行けるのでは?
野菜は白菜、人参は必須、他に根深ネギ、ニラ、春菊、椎茸、えのきその他( ^ω^)・・・
野菜・肉・魚介類と幅広い栄養が摂れて、胃にも優しいです。

〇〇の表現辞典

DSCN5514_2019101818250360e.jpg

出版不況の中、意外に辞典が売れているらしいです(@_@)
と言っても、「表現辞典」なるジャンルの辞典!
そのうちの一つ「おいしさの表現辞典」を図書館から借りて来ました。
味の基本の「甘い」「酸っぱい」「苦い」「辛い」などから、五感表現の「すっきり」「まろやか」「キレのいい」「香ばしい」「ふくよかなうまみ」など日本語特有の豊富な表現があります。文芸作品、エッセイさらに新聞の中からおいしさの表現約3000の用例から抜粋した辞典です。
食材ごとにまとめてあります。
辞典1

「ごはん」項の例文
辞典2

食レポに使えそうです\(^o^)/

他にも表現辞典と称して沢山出版されています。
「感情表現辞典」「てにをは連想辞典」「日本語慣用表現辞典」「味覚表現辞典」「たとえことば表現辞典」「日本語語感の辞典」( ^ω^)・・・

味覚表現辞典

語感の辞典




秋の味覚:銀杏ペペロンチーノ


銀杏を沢山いただきました🙌
いつも電子レンジで封筒に入れてチンして食べていました。
DSCN5464.jpg DSCN5465.jpg DSCN5470.jpg DSCN5473.jpg
他にないか?とネットで検索!
<銀杏ペペロンチーノ>
ペペロンチーノとはイタリアの家庭料理で、スパゲッティにニンニクと唐辛子を加えて、オリーブオイルで炒めたシンプルなものだそうです。今回は銀杏がベースです。
①実を取り出す。
 ・銀杏の硬い外皮を剥く。金槌で叩き割る代わりに、ミニ万力に挟んで、パチンと割って実を取り出しました。

DSCN5476.jpg
・始めはモタモタしますが、要領をつかむと楽に剥けます。
DSCN5482.jpg

②茹でる。
 ・沸騰したお湯に銀杏をいれて数分茹でる。
 ・薄皮を剥がす。きれいな淡緑色の実が現れます。このままでも美味しく食べられますが、次へ
DSCN5489.jpg

③フライパンにオリーブオイル敷き、千切りにしたニンニクと鷹の爪を炒める。
・香りがしてきたら、銀杏を投入し、塩と黒ゴマを加えて、味をつけて、完成🙌
DSCN5507_20191017142216694.jpg

ご飯のおかずと言うよりは、ビールやウイスキーのつまみ向きですね😋
DSCN5511.jpg
銀杏特有のモッチリした果肉とかすかな苦味にニンニクと唐辛子のピリ辛が絡まって、ビールが進みます




大型鱗翅目(りんしもく)害虫農薬:ハクサップ

 DSCN5444_20191016204947a32.jpg
この時期キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーなど冬の定番野菜が急激に成長しますが、アオムシやハウスモンヨトウなど鱗翅目(りんしもく)類の大型害虫の食害が激しくなり、場合によっては葉が簾のように食い荒らされて、回復不能なダメージを受けます。他にはオオタバコガ、コナガ、カブラハバチなど
今年は特にキャベツがやられて、ブロッコリーは軽微ですが、ハクサイはこれからのようです。
鱗翅目害虫は、成虫は蛾や蝶になり、顕微鏡的には羽根に魚の鱗のような鱗粉が見えるところから来た名前のようです。
さて自分で使った農薬でこれらの大型害虫に一番効いたのは「ハクサップ水和剤」でした。
ハクサップ ☞「ハクサップの説明書」 

と言うことで今日はキャベツ、ブロッコリー・ハクサイにしっかり散布しました。
DSCN5445.jpg

※育苗期に使って効果が高く、持久性もある「プレバソン」もありますが、この時期になってしまうとハクサップの方が有効と思っています。




里芋を試し掘り

里芋の列の外に自生した一株を試しに掘ってみました。
案の定、子芋の数は沢山着いていますが、芋は小さく、本格収穫は半月後くらいかな?
小さい芋の皮を包丁で剥くのは難儀なので、イボ付きの皮むき手袋を使ったら、上手く行きました\(^o^)/
掘ったばかりの芋は簡単に皮が剥けます。
DSCN5452.jpg

奥方に煮っころがしにしてもらいました!

<里芋の煮っころがし>
DSCN5451_20191016172922ab1.jpg
シンプルに里芋だけを、醤油とみりんと酒と鰹だしで煮つめてあります。

DSCN5459_20191016163713a7c.jpg
 里芋特有のねっとり感と柔らかさは口の中でとろけるほどです(@_@)
どちらかと言うと濃い味ですが、調味料の分量は?と聞くと味見しながらなので判らんと~(>_<)
自生したものなので品種は定かではありませんが、石川早生か大野芋(福井県大野地方の特産品)のどちらかです。
芋焼酎の”黒霧島”のロックと😋😋😋


来春の三社詣りのコース決定!



今日の神戸市北区老人クラブ会長会で来年の初詣ツアーのコースが投票で決まりました。
なんと我が故郷津山の旧一宮村の「中山神社」他二神社を巡るコース(名鉄観光の提案)に決まって、ビックリ(@_@)
中山神社は和同6年(713年)に創建された美作の國の国幣中社で、現在は神社本庁の「別表神社」です。
「今昔物語集」や「宇治拾遺物語」、「大日本史」にも記述があるようです。
本殿は国の重要文化財、祝木「ケヤキ」は天然記念物に指定されています。

祖父が内村鑑三先生の無教会派キリスト教に改宗するまでは、代々氏子総代を務めたゆかりの神社です。
☞Wikipedia「中山神社・津山」

中山神社2拾い画像 

中山神社14拾い画像 

本殿:国の重要文化財
中山神社4拾い画像 

中山神社10拾い画像 

祝木「ケヤキ」:國の天然記念物
中山神社15拾い画像

中山神社20拾い画像 

今年の恵方(西南西)の三社詣りとして、他に岡山の「和気神社」と播磨の「伊和神社」を巡るコースです。




大根の間引き菜の炒めもの



大根の間引き菜は浅漬けと思っていましたが、炒めものも😋と聞いたので、ネットで調べてトライ!
<レシピ>
・間引き菜(大根):100g サラダ油:大さじ1 だしの素(今回アゴだし):小さじ1/4 めんつゆ:小さじ1 白ごま:小さじ1 鰹節:1/3(1g)
★間引き菜は1cm長さにカット。フライパンにサラダ油を引き、間引き菜がしんなりするまで炒める。
★だしの素⇒麺つゆの順に入れて、炒める。
★ごまと鰹節を加えてさっと炒めて、完成!

右が一回目、左が二回目ですが、後者のレシピより麺つゆとだしの素多めの方が味が濃厚で、ご飯によく合いました😋😋
炒めものが意外と美味しいのが新発見です\(^o^)/

午後は北区老人クラブ連合会の会長会に当気楽会の会長の代理で出席します。
帰路には有馬温泉で、足湯と角打ちかな?


気がかりな風潮

関電 拾い画像

DSCN5433_20191015083215c1b.jpg 拾い画像
 相次いで発覚した二つの信じがたい事案について思うこと!
一つは「関電の金品受領問題」、もう一つは「東須磨小の教員暴力事件」です。
片や社会インフラの基盤を担う公共的会社おいて、一方学校教育の原点の小学校において起きたことは偶然の一致でしょうか?
なにか今の日本の社会の底流に流れる悪しき傾向の氷山の一角ではないでしょうか?

★倫理観が欠如し、組織の長としての基本的資格にかげる人物が選ばれる組織風土
 神戸市教育委員会による「神戸方式」(校長が自分の方針に沿った教員をスカウトできる方式)の悪用
 原発偏重政策による立地自治体との癒着と責任の放棄

★社員・監査役、教育委員会・教員・保護者の自己保身と事なかれ主義とあえて不正を質す勇気の無さ

★人権を隠れ蓑にした戦後社会のタブーの行き過ぎ

様々な要因が悪い方向に向かっているのではないか?と憂慮します。

国家は外圧によってよりも内側から崩壊することを歴史は証明しています。







プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴10年目、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や”漬物作り”も少しづつ出来るようになりました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク