ヴァイラス病株の焼却処分



トマトに引き続いて、ズッキーニも罹病し、区画全体にヴァイラス病が蔓延し始めているようなので、食い止めるべく、焼却処分をしました。



トマトとズッキーニの罹病株に加えて、支柱・誘引紐や触った手袋もまとめて燃やします。

s-P1230432.jpg
 

さてと一段落して区画に戻ったら、なんとっ!もう一株、マクワウリまでも~がっくり
s-P1230459.jpg 
こちらはヴァイラス病の仲間でも、「モザイク病」と言う立派な(?)名前がついています。
ヴァイラス病とは、ウイルス病の総称のようですね。

区画の最初の犯人が特定できました!

s-P1230429.jpg 
季節外れのゴボウの幼苗にアブラムシが群がっています。
口針にウイルスが付着したアブラムシが区画に菌を振り撒いたものでしょう。
自分の区画だけに飛ぶ訳はないので、周りの区画にもご迷惑をかけていないか、心配です。

竹の支柱は焼却出来ますが、鉄の支柱やネットもあるので、クローバさんに消毒薬「ケミクロンg」の取り置きを頼みました。

スイカ畑に寄ったら、こちらも「つる割れ病」らしき症状があります。~対策は明日以降!

s-P1230425.jpg 

梅雨の時期を迎えると果菜類の病気のオンパレードです。

プロの農家が予防薬を使う筈です。圃場が全滅する場合があるし、日本は少しでも傷んでいると出荷出来ないですが,
ヨーロッパを旅行すると虫が食った野菜でも、街の市場では当たり前のように売っています。
日本では、農薬を過剰に使うのは、生産者が悪いのではなく、消費者の意識が悪いのではないでしょうか?
学校でも、食育!食育!!と言う前に、「虫が食った野菜を食っても、腹は痛くならない!」くらいのことを教えて欲しいものです






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる