枝豆の塩ゆでに成功\(^o^)/



一昨日の新聞の兵庫版に載った篠山の黒豆の記事に刺激されて、枝豆の美味しい茹で方を探して、満足な方法に辿り着きました


 1)まずは、適期に収穫して、生鮮品なのでその日のうちに茹でる。
その点、家庭菜園は有利ですね。鞘にうぶ毛が生えて、それが少し茶色になった頃が一般には適期と聞いています。遅れても皮が少し硬くなるかわりに、特に味わい深くなるとも書いてありました。


2)次に茹でる!

<材料>
・枝豆   500g
・塩(事前の塩もみ用) 大さじ2杯
・塩(茹でるお湯用)  大さじ2杯
・塩(茹で上がりのふりかけ用) 適量
・水          1.5L

①きれいに洗ってから、鞘の端をハサミで切っておく~手間がかかりますが、美味しく食べるためには、労を惜しまず


s-P1270494.jpg 


②塩もみ用の塩をまぶして、うぶ毛を取るように手もみする。

s-P1270495.jpg

③1.8Lのお湯を沸かし、沸騰したら茹で用の塩を入れて、枝豆を鍋に投入する。
茹で時間は、6分が標準?お好みと黒豆の硬さ具合で、つまみ食いをしながら、調整する。

④茹で上がったら、ザルに上げて、水にはつけない。熱いうちに適量の塩を振りかっけて、完成!!

s-P1270499.jpg
振りかけた塩は、沖縄産の海藻の味のする「ぬちまーす」と旅行土産のドイツの「岩塩」

塩を振ると甘さが引き立ちます!

ビールには、岩塩!

お茶には、ぬちまーす!

それぞれ軍配


勿論、市販の塩でも十分です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる