高齢者運転講習に行って来ました



昨日近くの教習所に「高齢者講習」に行って来ました。
 2回目ですが、今回は75歳以上になるので、「講習予備検査」(いわゆる認知症検査)が加わりました。
s-P1270590.jpg

予備検査・座学・適正検査・実車と盛りだくさんで、約3時間!
結構疲れましたが、無事終了ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
修了証明書をもらって、今月更新手続きに行けます

内容をちょっとご紹介

「講習予備検査」(いわゆる認知症検査と言われるもの)
・時間の見当識:受検日の年月日、曜日、時間を記入
・手がかり再生:16種類の「絵」を4枚一組で見せられます。ヒントを聞きながら、記憶します。例えば、4枚も中で、乗り物は?ヘリコプター 野菜は?カボチャとか。今見せられた絵の品名を宙で思い出して、回答用紙に列記します。次に、ヒントを見ながら、品名を列記します。(宙では全部は書けませんでしたが、ヒントをみるとかけました

・時間描写:白紙に時計の文字盤を描いて、指定の時間を針で記入します。

「安全運転の知識などの解説」
・ビデオと教則本によって、法規の改正点や特に高齢者に多い事故や運転の注意事項などを要領よく解説されます。

「適正検査」
・運転シミュレーションの機械で、ブレーキ・アクセル・ハンドル操作をして、反応の速さや正確さを測ります。これは、自分の運転時の状況が客観的に判って、事故を起こさないための参考になると思います。まあまあの結果でしたが、障害物に気づき、ブレーキを踏むまでの時間は3年前に受検した時より遅くなっていました。~以降スピードだ出さないようにしよう<(_ _)>
・視力検査:特に視野検査については、以前より左右の視野が狭くなっていました。緑内障もあるので、定期的に眼科での検査は忘れないようにしよう!

「実車」
・教習コースで実地運転:毎日運転しているので、ハンドル操作は問題ないですが、一時停止の位置や左右確認忘れなど日頃の慣れによる欠点が判りました。特に段差をアクセルふかして乗り越えて、前のポールに当らないようにすぐブレーキをかける動作の練習は、アクセルとブレーキの踏み違いによる大事故を起こさないために重要ですね。

以上内容は、適宜変更になることもあり、細かい実施方法は教習所によって違いがあるかも知れません。あくまでも、昨日受検した体験に過ぎないので、そこのところはご了解ください<m(__)m>

証明書


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる