イチゴの苗は”根は深く、株は浅く”植える!

 s-P1270809.jpg

露地栽培に適した「宝交早生」の本圃への定植時期になりました。
今日JAの苗を農園で分けてもらって、30本植えました。
植え付けの仕方によって、その後の活着、生育、病気、着果、収穫量が大きく左右されるようです。


 1)畝作りについて
①畝の断面は、カマボコ型にしないで水平にする:散水時に水が流れ落ちて、浸透を妨げることのないように
 但し、2月頃マルチを掛ける時には上の中央に肩の土を盛って、カマボコ型にする。
②水はけを考慮して、畝の高さはGLから20cm以上

s-P1270786_20151023190727cdd.jpg

2)定植作業
①曇天の夕方が定植によし:ナスやキュウリは晴天の午前中ですが、その逆。葉からの蒸散過多は苗を弱らす?
②冒頭の図のように、親株から来たランナーを畝の内側に向けて植えると果房が肩の方に出る。ランナーが千切れている場合は、株が反った方を畝の内側に向けて植える。
③”根は深く、株は浅く”植える!
植え付け穴は深く掘っておいて、根が”とぐろ”を巻かないように、すんなり奥まで垂らす。
株は、クラウンの半分まで土が来るように浅く植える。深か過ぎず、浅すぎず!

ランナー
s-P1270795_2015102319072853c.jpg

明後日の野菜教室で先生に診て頂くので、浅めに植えてあります。~浅すぎて土を盛る方がやり易いので・・。

しっかり水やりをして、夕方に退散
今日の手打ちうどんの会で打った讃岐うどんが待ってま~す😋


s-P1270798_20151023190729d59.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる