昨日の野菜教室にて!



新しい区画に移動してから、はじめて生育中の冬野菜を先生に診て頂きました。

2区画100㎡約30坪です!

結果は如何に?

1)イチゴの定植直後
s-P1270798.jpg
①畝作り:畝の高さ・天面の水平など問題なし
②苗の植えつけ方:苗の向き・浅植えと深植えの中間植えは問題なし\(^o^)/
③問題あり!水やり不足:定植直後は畝の両側の斜面から水が染み出すほどの量を与えなければならない。活着をよくすると同時に根張りが垂直に深く伸びていくように促す意味があるそうです。そういえば、畝の両端は白っぽく乾いています

④今後1月までの管理については
・基本的には必要以外は株を触らないほうが良いとのこと!
・但し、水の管理は重要で、畝全体が白く乾かないように、天気を見ながら適宜水やりを行う。なお、水温が低いと地温を下げてしまうので、水やりは午前中の温かい時間帯に行う。その時は、株に水がかからにように気を付ける。
⑤それ以降については、1月の教室の時に教えて頂くことに!今からでは忘れしまうので




2)その他のアドヴァイス!

①思いがけず、かなりの野菜について肥料不足を指摘いただきました。
・肥料不足の判定の目安は、葉の色が薄く黄色を帯びている、外葉の大きさが足りないなど確かに他の方の区画に比べて勢いが劣っていますね。
s-P1270858.jpg ブロッコリー

s-P1270856.jpgキャベツ



s-P1270855.jpg ハクサイ

s-P1270861.jpgダイコン
・10月の土壌分析の結果でも、EC値(土の電気伝導度・土中に含まれる肥料の総量を示す)も、適正値0.5~1.5に対して0.11と低い値です。以前の区画で、肥料の入れ過ぎで濃度障害が出たので、控えめにしたのですが、人間のダイエット過剰が健康に害になるのと同じですね。
・今日は追肥として、アミノ酵肥(有機肥料・NPK 6:4:1)を㎡当たり50g与えて、潅注しました。

②エンドウ・ソラマメは種まきの適期!
・直撒きも可能ですが、ソラマメは発芽しないこともあるので、ポット撒きがおすすめ
s-P1270866.jpg
ソラマメとスナップ・絹さや・グリンピースのエンドウ各種のポット撒き

・ソラマメは一粒/ポット、エンドウは3~4粒/ポット(ソラマメを2粒植えていたのを今日分離)
・ソラマメは、「おはぐろ」の部分を斜め下にして、種のお尻が三分の一位出すのがコツ
s-P1270870.jpg

s-P1270875.jpg

s-P1270872.jpg 

・両者共に、冬の間にしっかり寒さに当てることが大事です。但し、枯れてしまわない程度の防寒は必要です。私は毎年霜の降り初めに、隣の里山の竹の笹の葉っぱが付いているものを頂いて来て、株の周りに立てています。寒冷紗のトンネルでもOKだそうです。


 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる