今日の男の料理は、「雑炊」

引き続きDr.石蔵レシピの5日目は、男の土鍋めし「胃に優しい雑炊」です。
煮るだけの単純なものと、多寡をくくって、一人前のレシピで二人前を、鍋も大きな9号(レシピは6号)を使ってやってみたら、失敗の巻😞
応用問題には100日早そう!
この本のレシピが一人分の料理に統一されているのが解かりました。

s-P1290380.jpg

 昨晩の鳥鍋の残りつゆを使っての雑炊を試みます。

<味付け調味料> 白だし(少々)

s-白だし


<材料>
・ご飯・・・茶碗一杯分
・溶き卵・・・2個分
・青ネギ・・・1本
・うどんや鍋物の残りつゆ・・・適量
・水・・・適量

※今日は奥方と二人分なので、材料はオリジナルレシピの倍量を用意しました。土鍋も普通サイズの9号(レシピは6号)です。

<作り方>
1)つゆが入った鍋にご飯を加え、ご飯がつかるくらいまで水を足す。レシピには書いてないですが、このとき味をみながら白だしを入れるのかな?

s-P1290373.jpg

2)中火にかけ、グツグツして来たら弱火にする。
 溶き卵を手早く回し入れる。

s-P1290374.jpg

3)食べやすい長さに切った青ネギを加え、火を止める。

s-P1290375.jpg

4)蓋をして2分ほど蒸らして出来上がり!~冒頭の画像

※レシピの通りの時間配分にしたら☛煮えてない。 慌てて蓋をして再加熱したら☛鍋の底に焦げ付いた。
味も☛濃い過ぎ(奥方はまあいいじゃないと食べてくれましたが・・。)

一人前と二人前では、分量も加熱時間も変えなければ同じ仕上がりにはならに事が解かりました。

明日からはレシピ通りの6号鍋で一人料理に徹します。

そういえば、「人(妻)には振舞わない」☚本編の決め事でした


後始末

奥方の道具を借りたので元通りにして返さなくては<(_ _)>

焦げた鍋底を洗剤でこすっても跡が残りました。

s-P1290382.jpg

思い出したのは、EM活性液と重曹!

鍋底に重曹を撒きます

s-P1290383.jpg

EM活性液を注ぐと、重曹のアルカリと活性液の酸が反応して、シュワ~と泡が出ます

s-P1290384.jpg

15分~30分ほど放置してスポンジでふき取ると、コゲがかなり薄くなります
s-P1290390.jpg

ステンレスなどの金属製の材質だと完全に取れますが、土鍋では地肌に食い込んでいるので、薄くなる程度です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる