夏野菜の土づくり~その2



キャベツ、ハクサイなどの冬野菜の残渣を整理して、天地返しも行い、畝を清潔にします。
1)捨てずに畝に置いていたキャベツ、ハクサイの葉を細かく裁断します。。
s-P1290591.jpg

2)畝間に使えない米袋を敷いて、畝の雑草と共に置きます。

3)腐熟が早く進むように、米ぬかを撒いて、EM活性液(濃い300倍くらい)を散布します。~冒頭の写真
野菜や雑草葉には、夏野菜の生育に必要な微量要素(マグネシュウムやホウ素、鉄分など)が含まれたままになっているので、捨てることはありません。しかし、生のまま土に入れると悪影響が出るので、腐熟するのを待ってから混和しなければなりません。その間、畝間に置こうとしています。

4)天地返しをしたかったのですが、昨日の雨で土がしっかり湿っているので、乾燥してからにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる