輝け 農の未来!



毎日新聞の元旦の正月特集に、関西の農業の取り組みが載っていました。
s-P1290815.jpg


TPPという大波の前に、変化を迫られる日本の農業の活性化の試みとして、地元の特産野菜のブランド化が進んで、成果を上げているとの記事です。
京都府の「京野菜」世界の三大料理地(フランス・トルコ・中国)に進出
兵庫県は、朝来市の「岩津ネギ」
大阪府は、泉州地区の「泉州野菜」

そして、農業の6次産業化も
農林水産業者(1次産業)が、製造加工(2次産業)や、販売・流通業・地域観光などのサービス業(3次産業)に進出したりして、農産物の価値向上を図ること。1×2×3=6で、「6次産業化」と言うそうです。

地元の市会議員さんの年頭パンフレットによると、神戸市北区でも、フルーツ・フラワーパークに6次産業のマーケットを作る事業計画が進んでいるようです。国土交通省による”重点道の駅」にも選ばれて、来年3月開業を目指しています。
s-img003.jpg
市内農産物の販売、神戸ビーフなどの市内産食材を生かした飲食メニューの提供、近隣アウトレットやイチゴの観光農園などと道の駅を結ぶ無料バスの運行、土産物としての灘の酒や神戸ワインなどの販売など多彩です。
六甲山の北エリヤの自然と調和した試みは、大歓迎ですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる