バイオマス産業都市に認定される!



毎年のことながら実家のある津山市の森林組合から新年の広報誌が送られてきました。
岡山県と鳥取県の県境近くにある津山市周辺は、古くは林業の盛んな地区でした。
建築資材の非木材化や輸入木材の増加又燃料の石油製品依存の影響で、林業の衰退はもとより、生活に密着した里山も荒廃の一途です。
しかし、森林の荒廃は、環境保全、水資源の確保、地球温暖化の防止などの面から決して好ましいものではありません。
ようやく、国を挙げての取り組みがなされ始めているようです。
津山市も、「バイオマス産業都市」の認定に受けることが出来て、木質チップパウダーの生産・木質チップパウダーによる発電事業等がスタートするとのことです。
一方、水源の確保を意図した海外からの森林の買付けの動き(中国資本?)もあるようで、もし本当ならば、由々しき事態です。
”国破れて、山河あり!”ではなくて、”山河荒れて、国破れる”になってはなりません。

実家の山には、ここ数年間足を踏み入れていないので、今年は現状を把握するだけでもやってこようと年初に当り、決心しました!

s-img015.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる