イチゴの冬場の手入れ!



今日も暖かく、農園の気温は日中10℃を超えました。
イチゴの畝は乾燥して、土が白くなっています。
冬場の手入れをしました。


冬場のイチゴは葉がロゼット状に土に張り付いているので、株は触らない方が良いそうですが、やっておく事はあります。

①乾燥し過ぎないように水やり!
イチゴは乾燥を嫌うので、水やりは必要
土が真っ白になって乾燥したら、暖かい日のAM1:00頃からPM3:00頃までの暖かい間にする。
その時、株元や葉に水がかからにようにするのが、コツ!
EM活性液を800倍位に希釈して、ジョウロで水をやりました。
s-P1300220.jpg

②草取りと枯葉の除去
暖冬のためか雑草の根張りが大変良くて、長い根が付いてきます、土がふかふかになっているので、根は深いですが、す~と抜けます。
s-P1300212.jpg


枯葉は葉柄の付け根の袴の部分から取り除こう。
s-P1300218.jpg


花が沢山咲いています。暖冬のためでしょう。花が早く咲くのは、苗の時に肥料不足が原因だそうですが、今年は暖冬の影響かも
s-P1300222.jpg


春の旺盛な成長を期待して、冬場の手入れを手を抜かずにやろう!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる