タマネギに追肥

s-P1300549.jpg


通常タマネギの追肥は、2月中に行い、3月に入ってからは施さないように言われています。

中・晩成種はその通りですが、早生種は追肥を早めたほうが良いと聞いたので、今日施しました。

 マルチの穴から雑草も元気に顔を出しています。

雑草を抜いて、肥料を軽く一掴み施してから、くん炭を載せて、周りを抑えました。
肥料は、アミノ酸醗酵の「アミノ酵肥(6:4:1)」と有機リン酸肥料「ジャットPK(1:13:10)」を混ぜたものを、軽く一掴みです。
s-P1300556.jpg

例年霜柱などのために根が浮き上がって、転んでしまう株がかなりあるのですが、今年は皆無です。
暖かいので、根がしっかり張っているからでしょう。根の球の部分も膨らみ始めています。
徒長気味でもあるので、ベト病などが発生し易いかもなので、予防策として特効薬「リドミルMZ」を病気が出る前に噴霧することにします。

手前が早生種で、奥が中晩成ですが、そちらはくん炭だけで追肥は2月中旬位にする予定です。

s-P1300564.jpg

今日は寒波が遠のいて、身体も動きやすかったです。

イチゴの畝が白く乾燥していますが、明晩からの雨に期待して水やりはせずに帰りました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる