神戸初めて物語~その1



神戸には開港以来、日本で初めてのものが数々ありますが、今や一大商戦になった「バレンタインチョコレート」もその一つだそうです。神戸学検定のテキストによると
「モロゾフの創始者フョールド・ドミートリエヴィッチ・モロゾフやロマノフ王朝の菓子職人だったマカロフ・ゴンチャロフはロシア革命の亡命者である。日本でのバレンタインデーの始まりは、神戸モロゾフ製菓が昭和11年(1936年)に日本国内の英字新聞に出した広告であると言われている」


モロゾフ2
ネットから拝借


しか~し、創業者モロゾフ一家は日本の共同経営者との確執によって会社を追われることになり、その後コスモポリタン製菓を作りますが廃業し、現在はモロゾフの名前を残すのみなっているようです。
そのあたりの物語は、この本に載っているのでは?
世の中、スイーツのように甘い物語ばかりではありませんね。
そのあたりは神戸学検定にはあえて出題されないでしょうが、読んでみるのも一興かなと・・。
s-モロゾフ4
図書館に予約を入れました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる