ギョニソのコチジャン炒め(◎_◎;)



毎日新聞に不定期に連載される「おかん飯」!
漫画家の西原理恵子さんと料理研究家で多方面に活躍の枝元なほみさんの軽妙なトークと漫画が面白くて、よく読んでいます。料理の方はスルーしていたのですが、最近自分にも出来るのでは~と思うようになりました。
今日は、「ギョニソのコチジャン炒め」です。
ギョニソとは?

ギョニソとは、魚肉ソーセージのことです。小さいころ、駄菓子屋にも売っていたやつで、おやつ代わりに買い食いしたものです。懐かし~い日本の高度成長期前のベストセラーですかね。今でも売ってるのかな?

<材料>
△魚肉ソーセージ 5本 △タマネギ 一個 △A:コチジャン 大さじ1・味噌と水 各大さじ1・酒 大さじ1・砂糖と醤油 各小さじ1・ニンニクのすりおろし 小さじ1/2 △ごま油 適量  △お好みで、すりごま

<作り方>
①タマネギは”くし切り”、魚肉ソーセージは斜め切りにする。
s-P1310312.jpg

②Aを合わせておく。
s-P1310317.jpg


③フライパンにごま油を引き、タマネギを炒める。透明になったら一旦取り出し、同じフライパンで、魚肉ソーセージを焼き色が付くまで炒め、タマネギを戻して炒め合わせる。

④②で合わせておいたAをフライパンに入れ、全体に絡める。お好みですりごま(分量外)を振っても。
s-P1310319.jpg
色が黒っぽいのは、味噌に黒豆味噌を使ったからで、白豆の味噌を使う方が良いかも。

アツアツのご飯によく合います。魚肉は豚のソーセージよりあっさりしていて、昭和40年代の庶民の味で、焼酎のホッピー割りと絶妙な取り合わせです。そういえば、今日は月曜日!BS・TBSの”吉田類の酒場放浪記”の放映日(PM9:00)ですが、関東の居酒屋では、ホッピーが復活して一大ブームですね。
”ホッピーでハッピー🎶”
関西でも置いている店がチラホラあるようです。大阪の新世界、神戸の新開地には似合いそう🙌
近所のスーパーでも見かけるようになりました。ただし、ダイエーなどの全国ネットのスーパーですが。
s-P1310335.jpg

ホッピーののぼりを掲げた店
ホッピー


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる