焦げ付いたけど、土鍋の鯛めしは旨い😋

男のええ加減料理の第15弾「土鍋の鯛めし」!
今回のポイント・味つけ調味料は「白だし」
s-P1310382.jpg

<材料>
・米     一合(180ml)
・鯛のあら  適量
・水     160ml
・酒     少々
・塩昆布   適宜

材料調達に関西スーパー北神戸店へ:棚には鯛のあらはなし!「鯛めし作りたいので、”あらないですか?」「切りましょか?」「お願いします。」
こちらは、個人の魚屋さん感覚で対応してくれるので、すっかりファンになりました🙌
国内産の魚も沢山置いているし、ちょっと高いけどよく吟味したものが店頭に並んでいます。
捌きも上手!なんたって、気風が良い
地方スーパーには、全国チェーンのスーパーにはないお客の立場に立った戦略が有って、応援する気になります。

<作り方>
①米をとぐ。
といだ米は、ザルに入れた状態で15分ほど水に浸す。
②鯛のあらを焼く。
魚焼きグリルで軽く焦げ目がつくくらいに焼く(中火で8分ほど)。
③鍋に米を入れ、分量の水、酒、白だしを加える。(米一合に対して、水+酒+白だしで、170~180mlにする。この水加減が重要!)
④強火にかけ、ゆっくりと混ぜる。
このとき焦げ付かないように、木べらでゆっくり混ぜる。
⑤グツグツして来たら②の鯛をのせて蓋をし、弱火にして13~15分炊き、火を止める。
s-P1310372.jpg
弱火で煮てる段階で、どんどん焦げて行ってます。火加減の調節を上手くやることと最初の強火の段階で、水が無くなってしまったのかも・・。まだまだ試行錯誤が必要ですね。

⑥火を止めた後、そのまま5分蒸らして出来上がり!
味が薄ければ、塩こんぶを加えよう。
⑦鯛の身を丁寧にほぐして骨を抜き、ご飯と身を混ぜる。
s-P1310376.jpg

s-P1310378.jpg

⑦白だしを使ってだし汁を作り、ご飯にかければ鯛茶漬けに。著者によると、料亭の茶漬けの味とか( ^)o(^ )
今回はやってませんが、焦げ付きを除いては、不思議に本格的な味になっているから驚きです。( ̄□ ̄|||)






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる