育苗のスタート



去年購入して、使いこなせなかった発芽器「愛菜花」で育苗のスタートです。
発芽適温を種の袋をチェック!
s-P1310406.jpg

なるほど!発芽器の温度を、25~30℃にセットすればOKかな

1)去年発芽器には砂を入れて、セットしてあるので、準備はOK
s-P1310383.jpg

2)27穴トレイ(3cm角)にタキイの「種まきの土」を湿らせて、詰め込みます。
指先で、1~1.5cmの穴を開けて、2粒づつ撒いてから、土をかぶせて面一します。
次に、水をたっぷり(穴の下から水が滴るくらい)かけてから、しばらくおいて水が出なくなったら、砂の上にセットします。
s-P1310409.jpg

s-P1310412.jpg

3)ミニ温度計を差し込んで、発芽器の調節ダイヤルを目標値に合わせて、カバーをして、発芽を待ちます。
4~5日で発芽するようです。
s-P1310413.jpg

4)発芽したら、温度を下げて、昼間は日の当たる場所で、育苗します。
本葉が1枚になったら、9cmφのポットに移植します。
さらに、本葉3枚の時、12cmφのポットに移します。
最後は、本葉7枚の時、15cmφのポットに移し、本葉12、3枚で一番花が開花寸前の時に定植します。
以上が野菜教室で習った理想の育苗段階です。

各夏野菜の育苗参考資料
s-P1310403.jpg
タキイのHPより拝借<(_ _)>

次に、自家採種の「紫トウガラシ」を同時にやってみることに!
こちらは、奈良の伝統野菜で固定種です。
自家採種も3回目で、去年もやってみましたが苗がイマイチ小さくて収穫も少なかったので、今年は良い苗を作りたいです。それにしても、種の形はナスにそっくりですね。親戚なのが納得です。
s-P1310416.jpg

こちらは、トレイから移植はせずに、いきなり12cmφのポットに植えて、定植しようと思っています。
ナスより小さい苗を植えてもOKですので・・。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる