初見参!”ヴィーガン”(◎_◎;)

 s-P1310587.jpg
いただいたブイヨンの箱を読もうと数年ぶりに英和辞書を引きました。
「ノット チキン」?
「ヴィーガン レシピ」???

これは、「ヴィーガン」商品でした(◎_◎;)
s-P1310589.jpg

s-P1310593.jpg
辞書に載ってないので、ネットで見たら
Veg(etari)anからつくった造語(Vegan・ヴィーガン)だそうで、一般のヴェジタリアン(菜食主義者)より厳格で、牛乳やチーズなどの乳製品さらに卵も食べないのだそうです。欧米ではヴィーガンレストランが在ったり、食材も売られているようです。

まずはシンプルに!カップに1包の半分を熱湯で溶かして、スープで飲んでみます。
s-P1310603.jpg
全て植物由来と思えないような脂肪も浮いていますが、しつこさがなく、やさしい味で後味もすっきりして、胃腸の内側から温まる気分です。
たいへん美味しいですよ😋

次は箱の裏にレシピが載ってる「野菜とパスタのスープ」にトライします。
男の料理が増えます\(^o^)/

そう言えば、市販のコンソメキューブの材料表示には、トランス脂肪酸や食品添加物がテンコ盛りです。
長年食べ続ければ、ガンや高血圧になっても不思議ではないですね。

昼食に、箱書きのレシピを和訳してブログにUPしてる人が居られたので、<ヌードルスープ>を作れました🙌

<ヌードルスープ>(5人分)今回はこのレシピの半分の量でやりました。
・植物オイル 1テーブルスプーン(?)
・ニンニク 1片 おろしたもの
・タマネギ 1/2 角切りしたもの
・ニンジン 1 細かくしたもの
・セロリ  1本 細かくしたのも
・お湯   4カップ
・本品(ブイヨンキューブ) 2包
・パスタ  お好みで 茹でたもの
・ドライパセリフレーク
・塩コショウ 適宜
<作り方>
オイルを鍋に入れ、中火で温める。熱くなったら、タマネギ、セロリ、ニンジンを入れて、ソテーする。ニンイクと本品(ブイヨンキューブ)とお湯を入れる。キューブが溶けるまで調理する。パスタとパセリフレークを加える。塩コショウで味付けする。数分調理して(パスタが温まるまで)、器に移してお楽しみ下さい。
<感想>
・日本での市販のブイヨンに比べて、いやらしくない味で、胃腸にやさしい。奥方はブイヨンをほとんど使いませんが、これならグーと言っています。
・今回の失敗は、セロリを入れなかったことで、これがあればもっとすっきりしたスープになったと思います。必須でしたね(-_-)/~~~ピシー!ピシー! もう一軒スーパーを廻れば良かったなあ

s-P1310612.jpg








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる