ジャガイモ専用畑の準備






ジャガイモの植え付け時期が近づいて来たので、専用畑に申し込んだ畝の整備をしました。
1)5m×90cmの畝単位で募集されているので、一畝を借りました。
まずは、土のpHを図って酸性度の調整用の投入石灰量を決めます。
s-P1310684.jpg

s-P1310683.jpg
2箇所を各5点測り、平均すると、pH6.2になっています。
ジャガイモは、弱酸性を好み、アルカリ性に近づくと生育が悪く、「そうか病」(表面にぶつぶつが出る)が発生します。最適pHは、5.0~6.5なので今回石灰は入れません!

2)次に堆肥ですが、この畑は堆肥が効いているので、窒素過剰にならないように、備え付けの牛糞を1㎡当たり1kgに抑えて、全層に投入し、耕しておきました。
s-P1310690.jpg


3)元肥を植え付けの一週間前に行いますが、発芽する頃に霜が振ると新芽が黒変するので、今月20日を目標にします。そうすると来週明けには元肥ですね。
s-P1310703.jpg

この通り、植え付け溝を切って、底に有機肥料(アミノ酵とジャットPKの混合)を入れて、土をかぶせた上に、種イモを置いて、覆土する予定です。
ジャガイモの元肥必要量は、成分絶対量で1㎡当たり窒素(N)10g、リン酸(P)15g、カリ(K)15gなので、1㎡当たりアミノ酵肥(6:4:1)を150g、ジャットPK(1:13:10)を70g入れると、計算上は必要量に近い値になります。今年はこれでやってみて、結果を看ます。

4)種イモは、「キタアカリ」と「メークイーン」と「インカのめざめ」の3種を各1kgを用意しています。
s-P1310700.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる