土づくりには時間がかかります!


昨日区画の土の団粒化の程度を判定しようと簡易な方法を試みて、途中で時間が無くなって、今日はその続きです。
借り変えた区画は一年が経過し、その間冬野菜の時に資材を投入して土づくりをしました。
畝の表面に牛糞堆肥とくん炭と落葉堆肥を置き、その上にEMボカシを撒き、EM活性液(1000倍液)を掛けて、シートで覆って約一カ月放置→その後耕運機で耕して、畝建てをしました。
冬野菜の収穫後天地返しをした場所としなかった場所から土を採取して、判定をしてみました。

判定方法は、金子美登著「有機・無農薬で、できるはじめての家庭菜園」によりました。
団粒1


ボトルの後ろの活字が読めるようになるまでの時間を測ります。
・5分以内で読めるようになれば、理想的な団粒構造の土
・5~15分なら、あと一歩
・15~1時間ならば、努力が必要
・1時間以上なら、かなりの努力が必要
と言うことです。
今回は、スタートがこれ☛
s-P1320386.jpg

15分経過☛左の天地返しの方が少し澄んでいます。
s-P1320395.jpg

昨日時間がなくて、そのまま放置して、一昼夜後の経過は☛
右の天地返しの方は若干活字が透けて見えます。
しかし、両方とも団粒化には程遠いです。
天地返しをすると土はサラサラにはなりますが、団粒化には良質な堆肥の継続的投入とよく耕して土を柔らかくすることが必要なようです。
諦めずにボチボチやって行きます🙌
s-P1320401.jpg

団粒構造の土の模式図です。
団粒2


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる