灘五郷から世界を目指す!


昨日の毎日新聞の兵庫版に、世界への輸出を目指す新ブランドの日本酒の記事が載っていました。
「菊正宗」ブランドで売ってきた菊正宗酒造が130年ぶりに新ブランド「百黙」を立ち上げたそうです。
「寡黙な人が発する一言は聞く者に強い感銘を与える」と言う四文字熟語「百黙一言」(ひゃくもくいちげん)に由来する名前とか・・。
和食はもちろん、フランス料理や中華料理などどんな料理にもマッチングする日本酒を目指したそうです。
酒米は、農園の近くの三木市吉川の「山田錦」を100%使用、精米歩合39%と余計な雑味は削り込んだと言う切れのある味と潤いを醸しているとのこと。
そういえば、去年吉川~三木の県道沿いに菊正の契約栽培の旗が立てらていたのを見かけたことがあります。
4月11日の発売スタート!720mlで、税抜き2400円也
一度試してみよう(◎_◎;)
その昔、津山の土居の本家から本嘉納家へ養子に行き、九代目の当主を務めた文治・大叔父が居た頃は冬には酒粕が届いて、風邪を引くと甘酒にして飲んでいたのが、懐かしいです。
菊正宗酒造記念館
正宗菊

「津山瓦版・土居の墓」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる