イチゴのパッケージング


今年は孫たちが学校の部活で忙しかったり、親の仕事の関係で、「イチゴ狩り」には来ません😞
なんとかして、じいちゃんのイチゴを届けたいのですが、果実の皮が柔らかく、輸送中に傷みやすい欠点があります。
そこでホームセンターを梯子して、ひょっとして上手く送れるかなと思うものをアレンジしました\(^o^)/


基本は個別包装で、考えます。
・育苗用のセルトレー:果実と壁が接触する部分が傷むでしょう。
・弁当に汁が出る惣菜などを入れる時に使う「とくとくケース」(三菱アルミニューム製)をトレイの穴に入れ込む。
・この穴にイチゴを一個づつ入れる。
・トレイどうしの緩衝材として発砲シートで全体を包んで、重ねる。
・トレイの大きさとイチゴのサイズを合わせなくてならないなど課題はありますが、トライしてみる価値はありそうです🙌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる