外国人墓地の一般公開に申し込む

s-P1340070.jpg
9月の神戸学検定に向けて、公式テキストを読んでいますが、ようやく第一章くらし・文化が終ったところです。毎日最初から通読してから新しいところを読むやり方を採っているので、少しづつしか進まないです。土地勘が薄いので、視覚からの関連付けに難儀しています。目を付けたのが、神戸港開港(明治元年)以降神戸の発展に多少を問わず貢献してくれたであろう外国人約2600人の霊が眠る「外国人墓地」の訪問です。一般公開はされていませんが、月に一度公開日を定めて、ガイドさんが案内してくれます。6月は応募締め切りでしたが、若干名の余裕があったので、参加申し込みOKでした。6月26日(日)午後です!

外国人墓地1

場所は北区再度山公園内:3年前に参加した時の写真です。
正面玄関
外国人墓地6

モニュメント

外国人墓地2


外国人墓地4

洋菓子の先駆者モロゾフさんとパンのフロインドリーブさん
モロゾフ
造船業(現在の日立造船)の創始者E・Hハンターさん
ハンター2
右腕として働いた紀州藩士秋月清十郎(母方の元祖父)の献柱もあります。

今回は公式テキストと照らし合わせて、学んできたいと思っています。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる