伊勢二見の夏至祭りとへんば餅

s-P1340177.jpg

一昨日から会社のプライベートOB会で、伊勢に行って来ました。
宴会をした二見温泉のホテルから夫婦岩が望めるのですが、今日夏至の日(今年は21日)は二見興玉神社の「夏至まつり」の日だったのです(◎_◎;)
大昔からこちらで海に入って身を浄めて(禊ぎ)から、伊勢神宮に参るのが正式な作法だったのだそうです。
あとで知って悔やんだのですが、日程の関係で日・月優先だったので前日でも夫婦岩のしめ縄の間から昇る太陽は遥拝出来ると3時半起床で備えました。
残念ながら、曇天!😞
s-P1340168.jpg

ポスターの写真では、太陽が富士山から昇っているのが撮影されています。静岡まで何百キロも離れた富士山が見えるとは凄いシャッターチャンスですね。
ポスターの文言には「霊峰富士を望み 黄金に輝く 夏至の太陽を拝し 目覚めよ伝統に 大和魂!」と載っています。

s-P1340159.jpg

食いしん坊としては、今回も伊勢の掘り出しものを探そうと詳しい同僚に聞きました。
松坂牛、うなぎそして伊勢うどんに赤福餅は定番
知られてないのが、「へんば餅」!!!
s-P1340189.jpg
赤福の左上の餅
”へんば”の名前の由来と店の主人のご挨拶はこちら☟
s-P1340191.jpg
”へんば”とは”返馬”だったのです。
餡の甘さ加減も餅のしっとり感も逸品です。
近辺の三店舗以外はデパートなどに出してないのが、伝統の味を維持するポントでしょうね。
伊勢神宮のおはらい町にも店があるので、お勧めです。

退職してから十数年経ち、”同じ釜のめしをくった間柄”は人生の中でこんなにも貴重な存在だったのだなあとしみじみ実感しました。あらためて、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました<(_ _)>








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる