新酒!


丹波篠山から、うれしい新酒の便りが届きました
何をさておいても、まっしぐらに駆けつけました!
DSCN1662.jpg
ある!ある!新酒を告げる新しい”杉玉”
DSCN1666.jpg 

狩場酒造さんは今年も恙なく
おめでとうございます!
DSCN1659.jpg DSCN1660.jpg DSCN1661.jpg

今日選んだベストチョイスは
DSCN1686.jpg 
左から、上撰秀月1.8L(定価1980円、持ち帰り価格1580円)・にごり酒720ml(定価1550円、持ち帰り価格1150円)・本醸造(定価1450円、持ち帰り1050円)
こちらの酒蔵は、通販と店頭売りのみで酒販店には卸してないので、蔵元に買いに来てくれる客には400円引きで商いしています。)

にごり酒にベストに合うのが、帰り道の三田はJR相野駅近くの「肉のマルセ」の串カツ!!!
DSCN1668.jpg 

DSCN1669.jpg 

一本86円で、店頭で揚げてくれます。
私見ですが、大阪新世界の串カツ屋さんよりも本物の串カツ!という味がします。
こちらに来てから20年近く値段が86円から変わってない企業姿勢にも、ありがたい限りです。
DSCN1691.jpg 

狩場酒造さんのお酒は、近頃流行りの吟醸酒や大吟醸などではありませんが、嘗ての庶民の晩酌に饗された二級酒(現在は普通酒)に日本酒本来の味わいを作り込んでいます。
本醸造、生絞りなどの高級酒もありますが、私は普通酒の”上撰秀月”が好きです。
”燗”でよし!”冷や”でよし!
奥方は本醸造の”辛口秀月”が好みのようです。
蔵元さんとお肉屋さんに感謝の冬の一日です

番外
うぐいす徳利と鳴き猪口です!
徳利を傾けて酒を注ぐとうぐいすの鳴き声がします(@_@)
猪口も突起の部分から飲むと鳴き声が出ます。
昔からある遊び心の酒道具らしいです。
志野焼・織部焼で有名な岐阜県土岐の親戚からもらったものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる