水団?

土の会の農閑期に、野菜料理のレパートリーを広げる意味で、”すいとん(水団)”の講習を会長が提案されました。お知り合いのレストランのオーナーシェフに振舞われて、大変美味しかったそうです。
私は戦後食料不足で困窮した時代の代用品のイメージで、不味かった記憶が強いので、如何なものかと思いました。
ネットで調べてみると、なんと!古くは室町時代から日本各地にあった郷土料理だそうです。
呼び名も「ひっつみ」「とってなげ」「おだんす」など地方によって異なり、親しまれた食べ物だったようです。
すいとん
基本は、小麦粉(強力粉)に水を入れて、捏ねることによってグルテンの持つコシの強い生地を作る。手打ちうどんと同じ手法ですね。その生地を丸めたり又はちぎって、だし汁の入った鍋に投入する。野菜や魚介類、肉類などその地方で手に入るものを一緒に煮込む。ネットには色々な写真が載っています。
すいとん2 すいとん3
醤油ベースの他に味噌ベースもあるようです。
すいとん10 すいとん7

今日会長に聞いたら、シェフの都合がとれたそうで、2月の例会(11日・土)での開催OKとのことです。かなりの人数でも大丈夫のようなので、土の会以外の人にも案内したいとの会長の意向です。今夕詳細を打ち合わせされるそうです。

         楽しみ~🙌


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる