私のアルコールの適量は?



img074.jpg 
かかりつけの内科のお医者さんによると、75歳以上(後期高齢者)では、血圧の上が140以下、下は90以下であれば、降圧剤などの服用は必要ないそうです。私は起きたばかりの時が最も高い「早朝高血圧」の傾向があるので、自宅で測って、急に高くなるようなら受診してくださいと言われています。寒さが厳しくなって来た昨今は、140ぎりぎりまで上がって来てはいます。
今朝は、127と77に下がりました。一喜一憂する必要はないのですが、理由は何だろうと興味がわきます。
昨日の夕食は鮎の塩焼きにつられて、久々に深酒をして、朝まで酔いが残っていました。
多分アルコールで血管が広がって、血圧が低く出たのでしょう。
長期的にみると酒は血圧を上げることにはなるのでしょう。
しかし、先生も適量ならアルコールも健康に良い方に作用すると言っておられました。

適量とは、毎日飲むとしたら、純アルコール量で20gとネットに出ていました。

例えば、ビールの場合なら、アルコール含有量5%、アルコールの比重0.8として、摂取する純アルコール量を計算すると
500ml(ロング缶)×0.05(アルコール度数)×0.8(アルコールの比重)=20gとなり、適量はロング缶1缶ですね。

日本酒だと
180ml(一合)×0.15(日本酒の標準的度数)×0.8(比重)=21.6gとなり、一合ですね。

さらに、焼酎の湯割り(焼酎6:お湯4の割合)だと
180ml(カップの量)×0.6(湯割り中の焼酎の量)×0.25(普段飲んでる”黒霧島”の度数)×0.8(比重)=21.6gとなります。偶然日本酒と一致!

以上が適量になりますが、日頃は2倍近く飲んでます(>_<)

”酒なくて、なんぞこの世の桜かな(^^♪”などとほざかないで、

この先の健康を考えたら、大まかに言って、半分に減らさなくては🙌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる