トマトの幼苗をポットに移す!

DSCN3841.jpg
トマトの種を発芽器で発芽させた後、発泡スチロールの箱の中で、昼間はベランダに、夜は室内に入れて、育苗して来ました。

1)播種
桃太郎播種 

2)発芽後は直ちに日光に当てて、もやし状態にならないようにしますが、どうしても茎がひょろひょろと伸びて、徒長気味になってしまいます(>_<) 
発芽器から発泡スチロールの保温箱に移して、育苗を続けます。
DSCN3890.jpg 

3)双葉の間から本葉が出てきて、本葉1~2枚になった時がポットに移す適期と言われています。茎は伸びて、爪楊枝位の長さになっていますが、トマトについては植え方に裏技があります!
DSCN3844.jpg 

4)トマトは「茎から根が発生する」特長があります:野菜講習会で習いました。\(-o-)/
そこで、徒長した茎を七の字状態に寝かせて植えると下図のように根が発生して、より強い苗ができるそうです。おまけに、ポットの端にある苗が中心に立ち上がると言うので、ビックリです(@_@)
img097.jpg 

DSCN3856.jpg 
DSCN3859.jpg 
DSCN3861.jpg 
DSCN3889.jpg 

5)大玉(桃太郎)39本とミニトマト(ミニキャロル)16本のポット上げの完了です。
主に老人会の畑用です。
DSCN3870.jpg 
因みに、発芽率は

桃太郎(タキイ種苗) 39/42粒=93%
ミニキャロル(サカタ) 16/17=94%

両社共に高発芽率ですが、桃太郎:15円/粒 ミニキャロル:30円/粒と安くはないですね。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる