帰途は観光( ^)o(^ )

DSCN4261.jpg
早起きして、ホテルの近くにある鉄道記念館「津山まなびの鉄道館」を覗きに
DSCN4263.jpg 
旧国鉄時代に県北の鉄道の拠点として活躍した鉄道基地です。
蒸気機関車を載せて方向転換する回転台車をわくわくしながら眺めたものです。
今は蒸気機関車から除雪車や特急の気動車など地方鉄道を支えたかつての車両が保存されているようです。あいにく開館時間前なので、見学は出来ませんでした。

帰途は、山陽自動車道廻りで、「柵原鉱山跡」と「旧閑谷学校」を観光します。
蛇行する吉井川沿いの道を「柵原鉱山跡」方面へ南下!
DSCN4271.jpg 
鉱石運搬と人荷用に建設された私鉄「片上鉄道」(現在廃線)の「柵原ふれあい鉱山公園」と駅舎
DSCN4277.jpg 
DSCN4278.jpg 

柵原鉱山資料館
DSCN4285.jpg 
DSCN4290.jpg 
DSCN4295.jpg 
かつて東洋一の硫化鉄の鉱山として栄えた街です。
硫化鉄鋼から産出される硫黄は、江戸時代は火薬の原料として、近代では硫酸や硫安などの化学肥料の原料に、鉄は酸化鉄(磁性体など)に使われ、「黄色ダイヤモンド」と呼ばれたものです。しかし、硫酸が石油化学コンビナートの脱硫工程の副生物として安価に得られるようになると急速に需要が無くなり、閉山となりました。
img108.jpg 
img109.jpg 

次は、旧閑谷学校!
江戸前期(1670年)に岡山藩主池田光政によって創建された、現存する世界最古の庶民のための公立学校です。武士の子弟のための学問所は全国各藩にありますが、庶民のために本格的な学問所を作った池田公は先見の明がありますね。明治以降岡山県は教育県と言われたルーツはここにあります。
DSCN4315.jpg 
DSCN4318.jpg 
DSCN4321.jpg 
資料館(館内撮影NG)
DSCN4348.jpg 

img110.jpg 
img112.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる