紹介された本

昨日はリタイア後、津山に帰郷した高校の友人に一年ぶりに大阪で会って、旧交を温めました。
彼は読書家なので、「最近どんな本読んだ?」が私の定番の質問!

【1】渡部昇一・小室直樹著「封印の昭和史」東京裁判と南京虐殺を質す
封印の昭和史 

【2】津本陽著「椿と花水木」ジョン万次郎の生涯(上)(下)
椿と花水木 花水木2

【3】上坂冬子著「硫黄島未だ玉砕せず」遺骨収集に一生をかけた元海軍大佐和智恒蔵の生涯

【4】津本陽著「名こそ惜しめ」硫黄島の戦争についての話

おすすめは、【1】【2】だそうです。

彼は現役時代、某製鉄会社系のエンジニアリング会社で国内の仕事の他、セイロンの(現スリランカ・英国が植民地時代に築いた)港湾の修復工事をライフワークとしました。外国人社会の中で、日本人であることを強く意識して仕事に打ち込んだ経験は貴重なものがあります。
東南アジアにおける旧日本軍の貢献についても、身をもって感じとっている部分も多いようです。

<コシアブラの初採取>
再度秘密の場所(笑)に分け入ってみると、健気にも採取が可能になった芽がありました。
やや遅れてはいますが、その年の気温にも左右されるけど、日照時間が既定の時間に達すると芽が確実に出るのではないかと思われます。
雨も降ってきたので収穫が少ないですが、この量で天ぷらを作ると油がもったいないので、天気が回復したら増量してからやります。
DSCN4609.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる