タマネギのベト病情報!



一昨年以来、特に昨年は全国的にベト病が多発して大きな被害が出ました。
ベト病の病原菌の糸状菌(カビ)は土中で越年するので、去年多発したのでそれだけ菌の濃度は高いです。今年は春先の気温が比較的低かったので、逃げ切れるかな!と安堵していたのですが・・。

先日の降雨とそれ以降の高温(25℃を超えた?)によって、昨日から急に怪しくなりました(>_<)これから「球」の肥大期に入る中・晩成種にとっては一大事ですね。極早生種はどうやら逃げ切りですかね。

今朝の共同圃場の様子です。
DSCN4872.jpg 

DSCN4877.jpg 

DSCN4875.jpg 

自分の区画も同様です。
DSCN4887.jpg 

早速2回目のリドミルMZの散布をしました。
DSCN4891.jpg 

本剤の特徴と注意事項!
・ほとんどの農薬は予防効果のみですが、本剤は治療効果もあります。
・使用回数は、3回まで。理由は菌が抵抗性を持ってしまうからです。
 使用間隔は、1週間に一度。
・使用後7日間は食べないこと。
・農薬全般に言えることですが、「展着剤」は必ず加えること。特にタマネギの葉はツルツルして薬剤が流れやすいので。

※共同区画については、農園の理事長さんが散布済みとのことです!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる