肥料の種類と特性・使い方

野菜教室の資料の中に「肥料の種類と特性・使い方」の一覧表があるので、転載します。
種類としては、「単肥」「複合肥料」「有機肥料」「液肥」に分けられます。

1)単肥と有機肥料
img146.jpg 

2)複合肥料
img145.jpg

農園に備え付けてある肥料「やさいばたけ」は、NPKが10:10:10で、有機成分50%です。
家庭菜園では、成分が水平型の8:8:8か又は10:10:10が使いやすくて、高度化成の15:15:15などは濃度が高すぎて、不適のようです。広い圃場の場合は、コストパフォーマンスに優れますが・・。

ここで問題!野菜ごとの施肥量の計算はどうするのか?

例えば、白菜の元肥について、施肥基準が1㎡当たり絶対量で、N:20g、P:15g、K:15gとなっている場合、Nの量に合わせて計算します。その結果、PとKの量は多かったり、少なかったりしますが、それでOKだそうです。
すなわち、「やさいばたけ」を使う場合は、20g÷0.1(窒素Nの含有率10%)=200gを、「くみあい化成8号」を使う場合は、20g÷0.08(Nの含有率8%)=250gを1㎡当たり施せばよいことになります。

3)液肥その他
img147_2017080813584147f.jpg










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる