間違っていたサツマイモのつる返し

老人会のサツマイモ、特にベニハルカのつるが四方に伸びてきて、「つる返し」の時期です。
先日の野菜教室で質問したのですが、今までの方法は不十分なものと判りました

DSCN6253.jpg

従来は繁茂したつるの裾を上げる程度でした。

何のためにつる返しをするか?

つるの各節から細い根が土中に生えてきます。
DSCN6255.jpg
これを放置すると栄養分がそちらに取られて、本来の根元に着く芋に十分行き渡らなくなります。節に着く根は食べられるような芋にはなりません。そこで、各節の根を土から離す必要があります。従って、手前のつるを裾上げするだけではなく、中心部のつるに着く根まで土から剥がします。
従来は手前のつるを裾上げするだけにしていました

畝の内側のつるまで丁寧に剥がします。
DSCN6256.jpg 

こんな感じですかね。
DSCN6261.jpg

しかも、すぐに再び生えてくるので、定期的に何回も行う必要があります。

全員集合の土曜日に説明して、残りの鳴門金時の3畝のつる返しをしよう!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴9年目、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や”漬物作り”も少しづつ出来るようになりました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる