8月のJIB通信



昨日、夏のスイスの写真がグリンデルワルト日本語観光案内所から届きました。
8月7日のアイガー北壁!

ヘリコプターで日本からのお客さんを遊覧飛行に案内されたそうです。
2017-0804-i-0042.jpg

現役時代、技術提携先の機械メーカーに日本のお客さんを案内した時、社長さん(スイス陸軍の予備役大佐)が自ら操縦して、アルプスを遊覧飛行してくれた写真です。日付に’85年とありますので、32年前になります。
img152.jpg

アルプスの中腹の湖で、鱒料理とワインで乾杯~チュウリッヒのレストランで、本場のフォンデュ😋

皆さま、お元気でしょうか?

今も住友の機械をご愛顧いただいていますか?

今年の秋に千葉・幕張メッセでプラスチック関係の国際見本市(IPF2017)があり、OB会が開かれるので、お客さんの消息が聞けるかもしれません。

DSCN6514.jpg

ディスク専用機
index_ph006.jpg

射出吹込成形機

index_ph007.jpg

ペットボトルパリソン成形機
index_ph008.jpg


導光板成形機
index_ph006_2017082406105854e.jpg
汎用大型成形機(型締力5000トン)
index_ph005.jpg

住友の金型
index_ph001_201708240552088f7.jpg

封止プレス
index_ph001.jpg

最近の射出成形機業界の動向についてのレポート

日刊工業新聞記事


造船や製鉄プラントなどの重厚長大部門が華やかだった時代に、駆け出しだったプラスチック機械事業部は売上高も小さく、利益も出なくて肩身の狭い思いをしたものでした。何回か事業部縮小も経験しました。しかし、営業の上層部は「やがて素材がプラスチックに転換する社会が必ず来る!家電然り、自動車然り、IT然り「その頃IT(インフォーメーション テクノロジー)の始まりでした」。世界に通用する機械をめざして、それぞれの業界でトップの企業に食らいつけ!!そして、その業界のニーズを先取りして来い。現状の機械を売り込むことだけが営業の仕事と思うな!!」と発破をかけられたものでした。先輩には、昭和40年代に世界のグローバル化がすでに見えていたのでしょう。営業帰りに、神田の山手線のガード下の居酒屋で焼酎のホッピー割りを呑みながら、喧々諤々議論したのが昨日のことのように浮かびます。
後輩の皆さんがここまで事業を発展させてくれたことは嬉しい限りです。
ここで止まることなく、常に世界のニーズを先取りする企業であってください。
期待していま~す!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる