マクワウリの種採り



今年種採りが出来ないかなと心配したマクワウリの”なりくら”ですが、小粒の実ながら完熟したので、採種しました。

わたごと種を取り出して、水洗を繰り返して、わたと種を分離します。

DSCN6732.jpg

水に浮いた種は空種だろうと思うので、取り除きます。

DSCN6735.jpg

キッチンペーパーの上にのせて、一日陰干ししました。

DSCN6741.jpg

数日陰干ししてから保管ですが、野菜教室では冷蔵庫の野菜室で保存と聞きましたが、あれは余った種の保存方法ではないかと思うので、次回に質問してみようかな?

次の自家採種の予定は、奈良県大和地方の伝統野菜「紫トウガラシ」と来年になりますが「岩津ネギ」の予定です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なりくらまくわ

ブログ拝見させて頂き、色々参考にさせていただいてます。
去年なりくらまくわの存在を知り、今年滋賀に買いに行って、種を採りました。来年辺り貸し農園でも借りて、育ててみようかと思っています
そこで質問なのですが、一部HPなどでまくわうりは連作にむかないとありましたが、このなりくらも同様の傾向が在りますでしょうか?
よろしければご教授ください

Re: なりくらまくわ

大阪丸様

コメントありがとうございます。
マクワウリの連作障害の期間は、一般的に3年間と言われています。
私見ですが、期間はウリの品種によっても異なるのではないかと思っています。
”なりくら”は伝統野菜の固定種なので、強い方ではないでしょか?
連作障害の要因は、「病原菌や害虫の卵の濃度が土中で高まる」
「その野菜が特定の微量要素(鉄・マンガンなど)を選択的に多く取り込んで、土中の残量が減る」
とのことです。
そのため、前者の対策としては、土壌消毒や寒中の土の天地返しなどを行う。
後者の対策としては、自然由来の落葉堆肥・バーク堆肥や腐葉土などをすき込んで、微量要素を補う。
などがありますが、ローテーションを考えて輪作するのが最善の策と思います。
また、ナスやトマトなどは「接木苗」は連作に強いです。
”なりくら”の接木苗は見たことが無いので、同じ畝には4年目に植えるのが無難かと思います。

食いしん坊2号

ありがとうございます。

食いしん坊2号様

さっそくのご返事ありがとうございます。
頂いた意見参考に自分でも試行錯誤し、楽しみながらやっていこうと思います
今後とも楽しく拝見させていただきます。

大阪丸
プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる