白イチゴのハウスを作ろう!

DSCN7125.jpg

白イチゴ(白雪小町)は本圃に定植後順調に育っています。
しかし12月ころから実が成ると言うことは路地では無理です。
去年はマンションのべランダでビニールのトンネルで栽培しましたが、今年は畑で簡易ハウスを作ってやって見ようと思います。
保温も必要ですが、雨に当てないことがポイントとのことです。


トマトの雨除け資材を引っ張り出して、フレームを作りました。
冬の風雪に耐えるために頑丈に作らなければ・・・。
風で飛ばされないためには、「筋交い」がフレーム全体を支えます。
家屋の耐震構造と同じですね。
南北面に竹を一本入れるだけで、左右の揺れは無くなり、がっちり固定されます。
続いて、東西にも筋交いを入れると、南北の揺れは来ません。
但し筋交いと柱や横棒を紐やインシュロックで結ぶのでは、結び目が緩んで滑ります。
そこで登場するのは、結束線をハッカーでクルクルやって固定する方法です。
DSCN7127.jpg
これだと結束線が切れるまで、ズレることなく固定されます!
一度に頑張って腱鞘炎が悪化するのは困るので、農ポリをかけるのは後日にして退散です。
今週末には野菜教室があるので、先生にカバーの開閉についてはご指導をお願いしたいと思っています。

☞「トマトの雨除けフレームの組み立ての様子です。」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる