早やッ!玉ねぎのベト病の兆候(*_*)

タマネギは未だ十数cmの背丈なのに、早くも「ベト病」の兆候が出ている区画があります!
葉の凹凸が感染している初期症状です。
DSCN9659.jpg

例年はもっと成長が進んだ4月頃から見られますが、今年は早いのかも知れません。
玉ねぎの一大産地である淡路島でも完全防御が難しい厄介な病気で、全国各地の産地がやられて、品薄情状になる年もあるほどです。
効果の高い農薬として「リドミルMZ」があります。
農薬としては珍しく、予防と共に治療の効果もある薬剤だそうです。
最近は、「リドミルゴールドMZ」と名称も変わって、粉末から「細粒」になって扱いやすくなっています。少し値段は上がりましたが( *´艸`)
DSCN9651.jpg

DSCN9652.jpg

希釈倍率は、1000倍
使用量は、1~3L/10㎡(一畝)
使用回数は、種子にする場合は1回、圃場に移してからは3回の合計4回まで
従って、この時期の予防に1回、3月末~4月に一回、治まらないようなら収穫前にも(1週間前までOKですが、それ以前に)1回を予定します。
注意点としては、玉ねぎの葉はツルツルして藥液が流れやすいので、付着させるために展着剤を必ず使うことかな?




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴9年目、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や”漬物作り”も少しづつ出来るようになりました。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる