FC2ブログ

タマネギのベト病に警戒情報(>_<)

全国生産第二位の佐賀県では、県やJAが早期の対策を呼び掛けています。
DSCN9909.jpg

佐賀新聞の記事

当農園でも兆候が見られますので、天候が回復次第に防除に取り掛かかった方が良さそうです。

葉の表面に発生する病変の糸状菌(カビ)の胞子が風で飛んで、伝染するので圃場全体で防除する必要があります。
ベト病の最悪の状況
2ec662b550dd93b11171b178064400e9.jpg

老人会の早生タマネギの初期病変~葉の凹みから灰色のカビが発生し、やがて全体が枯れて行く。
この段階で防除しないと次の写真では手遅れ(>_<)
初期症状
DSCN9659_201803191517210bd.jpg 

蔓延した状況
4154.jpg

<防除>
①大なり小なり発生は免れないので、予防のために早急に薬剤散布を行う。
最もよく効くと言われているのが、「リドミルゴールドMZ」ですが、これとて3回以上散布すると菌が耐性を持ってしまいます。系統の違う薬剤とローテーションすることが必要です。
リドミルはマンセブ系なので、TPN系のダコニールとローテしてみます。
DSCN9651_20180319154728d93.jpg  otentosun_4909246303318.jpg  

②第1回は散布済み
2回目はこの先天気が回復したタイミングで、もう一度「リドミル」
3回目は様子を見たうえで、「ダコニール」
4回目は三度目の「リドミル」この位までかな?

③並行して、罹病した株は思い切って抜き取り、圃場の外で処分にする。

※初期症状とリドミルの写真以外はネットから無断拝借m(__)m



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴9年目、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や”漬物作り”も少しづつ出来るようになりました。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる