FC2ブログ

夕陽(せきよう)



本棚をひっくり返していたら、なんの脈略もなく高校の国語の時間に好きだった擬古文の一節が蘇りました。

徳富蘆花「自然と人生」の中の「相模灘の落日」のくだりです。
 
”急に落ちて眉となり、眉切れて線となり、線痩せて點(点)となり、忽ちにして無矣(なし)。眼を上ぐれば、世界に日なし。光消えて、海も山も蒼然として憂ふ。”

img_0_20180321092248732.jpg 

フレーズを暗記しては、校庭の一角に在った「十六夜山(いざよい山)」を逍遥したものでした。
mon_201803211100402bd.jpg

k6304060_20180321110038705.jpg

800_69_20180321110037264.jpg
今も文武両道の元気な高校です。

※ネットから拝借m(__)m

自分のブログにもいくつか夕日の写真を載せていました。

夕日と飛行機雲(マンションより)
DSCN5578_20170619195811c41_2018032109224427c.jpg

マダガスカルのバオバブと夕日(先輩より旅行先にて)
201510290538576c4_201803210922420b0.jpg

スペイン・アブハンブラ宮殿の夕日
s-P1100234_201803222204321a4.jpg

夕日に映える宮殿
「アブハンブラの思い出」ギター演奏by村治佳織
宮殿の歴史に思いを馳せれば、クラシックギターの音色が一層哀愁を掻き立てます♬
10124000126.jpg


感謝の夕日(中・高校の友人の水彩画)
s-P1080330_201803210922509dc.jpg

宍道湖の嫁が島の夕日(同上)
DSCN8479_201803210922450f8.jpg

DSCN9932.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴9年目、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や”漬物作り”も少しづつ出来るようになりました。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる