fc2ブログ
   
02
22
29
   

PCR検査を勧めず! by 感染症学会から発表



昨日、日本感染症学会と日本感染環境学会が「軽症者にPCR検査を推奨しない!」との見解を発表しました。
理由を見ると、「陽性者のうち8割は重症化しない。陽性者をどんどん入院させると重症者を受け入れる病床が不足し、医療崩壊を起こす。」との見解らしいです。本音は「人口の大半を感染させて、抗体を持った人を増やして感染の終息に持ち込む。その過程で肺炎による死者が増えても、コロナ感染かどうかを不明にしておいて、犠牲には目をつぶる。」と穿った見方も出来ます!
しかし、新型には三つのタイプ「一つは中国の風土病的なタイプ、もう一つは武漢の細菌
研究施設から漏れ出したタイプ、さらにこれらが変異したタイプ」があるとの論文の通りだとすると一つの抗体が他に通用するのかも疑問です。
ならば、根本的な対策を立てるには多くの疫学的なデータが必要になり、PCR検査で全体に網をかける必要があると思います。
一方、国の方針にも変化が出てきて、PCR検査は増えそうです。そうなると感染者が数字上急増して、医療機関は混乱するのも目に見えて来ます。
医療崩壊の防止に役立ちそうな提案を一つ!させていただきますm(__)m
IMG_20200418_0001.jpg IMG_20200418_0002.jpg

慢性膵炎の治療薬として四十数年間使われている「フォイパン錠」(小野薬品・一般名:カモスタット、ジェネリック薬品も多数上市されています)に新型コロナウイルの感染抑止作用があることが実験室では立証されています。
国として臨床試験を早急に取りまとめて、公表すること!
効果的な用法・容量が決まり又副作用についての安全性が立証されれば、初期の感染者に使えます。
錠剤なので、医師の処方によって陽性者は自宅またはホテルなどでこれを飲んで、安心して療養が出来れば病院に殺到することも防げます。PCR検査を増やしても大丈夫になるでしょう。
世間に安心感が広がれば、学会が心配する混乱を回避できるのではないでしょうか。
いずれにしても、上記の東大の臨床開始の計画から一ケ月が経っています。
続いて、愛知県の藤田医科大学病院の治験も始まっている筈です。
進捗状況の公表が待たれます!




スポンサーサイト



Secre

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴13年目に至った今年5月に脳梗塞を発症し、急性期病院とリハビリ専門病院に合わせて3カ月間入院しました。現在自宅で後遺症の改善に努めていて、日常の出来事をブログに綴っています。表題の食いしん坊の「家庭菜園」とは疎遠になっていますが、復帰を目指して、頑張っています❣

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

リンク