「大和真菜」も芽を切りました!

s-P1150399.jpg

これは「大和真菜(大和まな」の種ですが、一晩水に漬けてから布に包んで部屋に置いて、翌日には芽を切りました。

都合、二日で播種の適期になります。

奈良県大和地方の在来種の”漬け菜”です。

漬け菜とは、漬物にする野菜のことかと思っていましたが、ネットでは「結球しないアブラナ科の葉物野菜の総称」と言うようにも載っています。

漬物は勿論のこと、煮物などにも広く使われます。

コマツ菜やシロナなどなど・・。

三大漬け菜と言えば、九州や和歌山の「高菜」、信州や新潟の「野沢菜」、広島の「広島菜」だそうです。

しか~し、広辞苑では「①漬物に用いる菜。また、塩に漬けた菜。②浸物に適した唐菜(とうな)、白菜の類」となっています。

意味は時代と共に変わるのですかね?

ところで、「大和真菜(やまとまな)」については、奈良県のHPの中の「大和まな」にレシピなど詳しく載っていますので、どうぞ

本日、私の畑では「EM活性液の日」を設定しました!



これから秋冬野菜は葉物中心になりますが、EM活性液の散布効果が顕著に現れるのではないかと思って、定期的に年末まで散布しようと決めました。

1)散布は散水の代りにジョウロで潅水する。

2)倍率はEM活性液を1000倍に薄めたもの~濃いと葉に障害が出ることも

s-kasseieki.jpgイーエムテックフクダのHPより引用

1000倍と言うと薄くて効くのかいなとも思いますが、活性液に含まれるされる菌体(乳酸菌、酵母菌、光合成菌、糸状菌 と放線菌の7種)の数は、原液1ml中に数億個とのことなので、肉眼で見える世界とは違うのでなんとなく納得です。

3)散布の間隔は10日に一度~毎月一日、10日、20日を「活性液の日」として忘れないように!
全野菜に散布することに!

s-P1150402.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる