エンドウとソラマメの定植と防寒



エンドウとソラマメは越冬のさせ方がよく似ています。

スナックエンドウとソラマメをポットに蒔いて育苗して定植に適した大きさになったと思って、定植しましたが小さすぎたかも

植えてから栽培本をチェックです

おまけに畑で写した写真を操作間違えて消去するやら
s-P1170322.jpg

どちらも小さい苗の状態で越冬させることが大事で、大きすぎても、小さ過ぎても枯死するそうです。

基準は、ソラマメ:草丈10~20cm、本葉4~5枚 エンドウ:草丈10~20cm

この大きさを得るには、種播きの時期を守ること!

一般地では、ソラマメ:10月下旬~11月上旬 エンドウ:10月中旬~11月上旬

さて、定植後の防寒対策は、敷き藁を施して笹竹や不織布のベタがけをするとなっています。

去年竹笹を廻りに刺すのみで防寒しましたが、今年は切り藁を敷いてから竹笹を刺そうと思っています。

種が古くて芽が出なかった「絹さやエンドウ」と「グリンピース」はやっと芽を切ったところです。

早く大きくなってくれえ~

定植の様子は明日UPさせていただきます

※引用は、家の光協会「やさい畑」の付録「家庭菜園検定公式テキスト」より~最近はなんでも検定流行りですね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる