イチゴの冬場の手入れについて



先日の野菜教室で、12月~1月の手入れについて、質問しました?

先生の回答は


休眠期間に入っているので、「必要以上に触らないこと」

しか~し注意点は、三つ!!!

① 潅水
   イチゴは水分も必要とするので、乾き過ぎないように、畝が白くなったら潅水する。AM10:00~PM3:00頃の温かい時間帯に

②この時期の病虫害

  イチゴメセンチュウ:生長点に寄生し、新芽・花を食害する。酷くなると枯死することもあり、伝染するので、結構厄介。初期は葉に突っついたような黄色の小さい斑点がつく


s-P1170828.jpg

防除剤は、「ディプテレックス」を教えて頂きましたが、最近メーカーが需要が少ないので農水省に登録せず製造中止です。樹木用途のものはあります。たまたま以前ヨトウムシの駆除で使った「ランネート」にイチゴメセンチュウの登録があるので、兆候があればこれを使うことにします。但し、劇物指定剤なので取扱いには注意のこと

s-P1170827.jpg

③摘葉と脇芽とり

  原則触らないのですが、枯れ果てた葉を取ることは必要(病気の元になる)

  脇芽については、土の中から出てくる赤い芽はやがて新芽を土に引きずり込むことになるので、取ること!

④その他

  ・クラウンの周りの土が盛り上がったものは手で抑えること

  ・咲いた花は、花の部分だけ取ること

s-P1170817.jpg 

私の畝

~雑草は取らなくては(>_<)

~隣の畝のボリジ(蜜蜂誘導用のハーブ)は寒さに負けず元気

追肥やマルチをする時期の2月以降の手入れについては、1月17日(土)の教室で教えていただくことになります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる