くん炭の吸水量を計測する

 


寒波の襲来でいよいよ本格的な冬、農園の水溜りも早朝は凍っています。

ハウス内のくん炭は順調に乾燥していますが、実際にどの位吸水するのか興味が湧いて、測ってみることにしました。

論文では、絶乾状態(100~110℃でこれ以上軽くならない状態)からだと吸水率400~600%と報告されています。

今回の自然乾燥ではどうでしょう?

<計測>

1)カップに300mlのくん炭を秤量します。

  重さは、77gあります。 比重 0.26

2)袋(キッチンの水切り袋)に入れて、洗面器の水に30分ほど浸漬します。
袋の目から粉が出ますが、気にしない

s-P1170837.jpg

3)水から引き上げて、水滴が落ちなくなるまで、しっかり水切りをします。

s-P1170838.jpg

s-P1170843.jpg

4)袋ごと計量します。重量264g

s-P1170847.jpg

<考察>

1)自重77gのくん炭は、187gの水を吸水しました。
   自重の約2.5倍の水を吸水したことになります。
 
 吸水率で言えば、約250%となるのでしょうか?
  いずれにしても、自然乾燥でもかなりの吸水性がありますね。

2)くん炭の比重は、乾燥状態で0.26。吸水状態では、0.88でした。


※この計測方法は自分の思いつきの簡便法で、正式な吸水率の求め方ではないので、あくまでも畑で使うときの目安として、参考にして下さいm(_ _)m


コンクリート工学の論文の数値(吸水率400~600%)は、正式な方法の数値です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる