くん炭ともみ殻の保水性の比較



保水性について、こんな方法で比較出来ないかなとやってみました。

ご参考までにm(_ _)m


両者に一定量の水を注ぎ、雫が落なくなるまでに通過する水の量を計りました。

1)ジョウゴにろ紙(無いので、コーヒーフィルター)を敷いて、100mlのくん炭を入れる。

2)100mlの水を注ぐ。

3)雫が落ちなっくなったのを確認して、ビンに落ちた水の量を計る。

4)同じことをもみ殻について行う。

s-P1170893.jpg

<結果>

ビンに落ちた水の量   くん炭=26g(26%通過)

                もみ殻=70g(70%通過)

<考察>

①くん炭は74gの水を留めた。もみ殻は30gの水を留めた。、

くん炭はもみ殻の2.5倍の保水力があると言えるのかな?

②吸水量の計測の場合と同じ300mlに換算すると

 保水量 : くん炭 222g/300ml  もみ殻 90g/300mlなります。

 吸水量の計測では、 吸水量 : くん炭187g/300ml  もみ殻 77g/300ml

 傾向は出ていても、数値に違いがあります。

 試料の乾燥度合いなど条件を一定にしないと誤差が出ますが、そもそも吸水性と保水性は異なる指標だろうと思われます。

<結論>

・くん炭はもみ殻に比べて、吸水力・保水力は大きい。

・吸水力と保水力はどう違うのか、さらに突っ込んでみる必要がありあそうです。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる