白首大根2種

s-P1180361.jpg

近年「耐病総太り」など青首系が主流ですが、白首系も人気があるそうです。

今年は赤松種苗さんで入手した白首系の2種類を追加しました。

まずは、関東は三浦半島の「三浦大根」。こちらは寛永年間(1600年代)の「相模風土記」に栽培が載っているそうなので、練馬大根と並んで江戸で人気だったのでしょう。

写真左の首が細くて中太りで、特徴のある形です。

煮物、なます、刺身のツマに敵するとか。

今日初めての収穫です。

写真右は、なにわ野菜の「田辺大根」

こちらは大阪市東住吉区の田辺地域で古くから作られていた特産品だそうです。

柔らかくて、甘いと言われますが、”ふろふき大根”と”大根おろし”で食べましたが、その通りでした。

形は先が丸くて、こちらも特徴があります。

今日は”甘酢漬け”の今冬第二回目として、両方を漬け込みました。

s-P1180365.jpg

食べ比べが



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる