地方創世の試み

s-img533.jpg

故郷津山市の名前だけの森林組合員ですが、今年も新春の広報紙が送られてきました。

林業は長引く木材価格の低迷により、植林より保管管理、伐採搬出費が高くついて、産業として成り立たなくなってきています。
一方、森林は環境保全、水資源の確保、地球温暖化防止に、国・地球規模で必要なものです。

打開策の一つとして、木質バイオマスの利用が推進され始めています。

s-木質バイオ
木質バイオマスエネルギー利用推進協議会のHPより

林業を主要産業として来た津山市の隣の真庭市は、早くから木質バイオマス事業に取り組み、「木質チップ」や「木質バイオ発電」の企業化に成功しています。

全国的に注目されていて、有料の見学ツアーが盛況のようです。

5月には中学の同窓会が津山であるので、足を延ばして、参加してみようと思っています。

ツアーの案内はこちらをどうぞ「バイオマスツアー真庭」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる