発芽器の予行演習

今年はトマトやナスなどの夏野菜を種から育てようと、発芽・育苗器「愛菜花」を購入しています。

そろそろ種播きの時期なので、レタスの種で予行演習です。

s-P1190410.jpg 

「愛菜花」はタキイ種苗のネット通販で、購入:代引で¥15.000位でした。

メーカー(昭和精機)の取扱説明書と

s-P1190427.jpg 

タキイ種苗のホームペイジから引っ張った果菜類をタネから育てようを見ながら設定しました。

発芽器内で発芽適温に保つことは、機械のサーモスタットがやってくれるので設定を間違わなければ問題ないでしょう。

s-P1190435.jpg

その後発芽した幼苗を発芽器から出して、育苗する段階には経験が要りそうです。

まずは、発芽を楽しみに待つことにします

その後、8時間経過したPM10:00 

室温13℃ フード内の地温19℃

レタスの発芽温度:15~20℃(種袋に記載)なのでこの調子で、OK フードの内面は露が付いて湿度は100%?

s-P1190439.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる