祖父のこと

今年中には後期高齢者のお仲間に入れてもらう歳になります。
そろそろ終活の機会かな?と身の回りを整理していると祖父が読んでいたであろう聖書と写真が出て来ました。
自分が小学校5年の時亡くなったのですが、身内のことで恐縮ですが、明治の日本人と言うか気骨のある、ちょっぴり怖いお爺さんでした。
戦前の電力業界で働き、一地方の電力会社からの出仕でありながら、現在の日本電気事業連合会に当る業界団体のの専務理事を努め、軍の国家総動員法に基づく電力統制に反対して、終戦直前に引退。故郷津山に帰って、内村鑑三先生の無教会主義キリスト教の信仰生活に励みました。電力統制の反対は、非戦論に根ざしたもので、戦時中の特高警察にも睨まれていたそうです。朝ドラ「マッサン」の今朝の舞台を見ると、大変な時代だったようですね。

見つかった聖書は文語体で読みづらいものですが、口語訳と比べながら祖父を偲んで見たいと思います。

自分は信仰をもつに至ってないですが、祖父の導きかもと思う今日この頃です。

s-P1200145.jpg 

s-P1200149.jpg 

 
s-P1200166.jpg  

s-P1260027.jpg
国会図書館資料「戦時下の人的資源・財界編」の中の土居脩治の表記


週末サンダーバードに乗って、山中温泉へ一泊旅行へ行ってきま~す 寒そ~




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる